カテゴリー「健康」の1件の記事

2010年9月26日 (日)

奥丸山:弱っちいやつであった

奥丸山
2010年9月25・26日

25日

しばらく夏バテの後遺症で体調が悪く、山行を控えていたが、山に入れば調子を取り戻すものと期待して入山した。どこに行くか紆余曲折したものの、出発の30分前に槍ヶ岳でテン泊することに決定、急ぎ装備を整えて新穂高へと向かった。駐車場で車中泊するものの、眠れないまま4:30に歩き出した。暗い中、右俣谷を行く・・・。6:20に白出沢。

Dsc_00671

(改めて見ると良い標語である)

Dsc_00711

(滝谷上空)

快調に足がすすまない。多くの登山者が追い越してゆく。槍平には、8:50到着、もうすでにバテバテである。体調悪し。アプローチの槍平でこの状態では、この先厳しいかなあ。

Dsc_00731_3

(槍平ではいつものくまさんがお出迎え)

とりあえず、ほぼコースタイム通りなので、先に進むことにする。なんとか騙しながら2300mあたりまで登ったところ、2度ほどふらついていてしまった。水場で休息をとる、一瞬眠ってしまった。休みながら進めば穂先まで行けるは分かっている。夕焼け、朝焼けが見事なのも分かっている。二度と見られないような、すばらしいものかもしれない。

・・・。

降りよう。山を苦行としないことに決めたはずである。安全に楽しむべし。11:00槍平に幕営し、食事をとって爆睡した。やはり体は休息を求めていた。

Dsc_00781

(槍平小屋のラーメン)

体調が悪いせいか、体が温まらず、夜は寒さでしばしば目が覚めた。
朝、テントのフライは凍り付いていた。

Dsc_00801

(寒いはずである)

26日
今日は、中崎尾根に登り、奥丸山、そして左俣谷側へ降りることにする。当初の予定では槍ヶ岳から西鎌尾根を経由し、中崎尾根を下って奥丸山に登頂するつもりであった。
朝露に濡れるのが嫌だったので、8:00、山の斜面に陽が当たるのを確認して出発した。9:05奥丸山頂上2440mに到着。周辺の山々が一望できる。紅葉はまだまだといった状況である。

Dsc_00911

(笠ヶ岳が大きい、大部分が抜戸岳という気もする。全体を笠ヶ岳と称するのだろう)

ここからの下りは、有機物が堆積した膝にやさしい道のりであった。左俣谷まで1000mほどの標高差であるが、素直なルートどりで、サクサクと下ることができた。下丸沢周辺は、気持ちの良いブナ林で、「気持ちい~ぃ」と叫びながら下ってゆく。10回は叫んだかなあ。来てよかった。

Dsc_01021

(途中にあった水場、ここも気持ちい~)

すっかりデトックスされ、ご機嫌である。のんびり歩いてゆく。こんな道乗りなら何時間でも歩けそうである。
左俣谷はたっぷりの水量である。水がきれい→美しい。11:30わさび平に到着。

Dsc_01151

(わさび平ではカツ丼を食す)

山の写真を撮りながら、林道を下ってゆく。

Dsc_01181

(秋の雲)

Dsc_01251

(穴毛谷の右岸岩壁、面白そうな場所である。今度、クリヤ谷のコースで笠に登ってみよう)

登山口にあるニューホタカでは、500円で日帰り入浴できる。一旦、駐車場まで下って自家用車を回収し、ニューホタカに戻った。なかなか良いお湯である。気に入ったぞ。また来ます。

追記:
・上部で、草紅葉がすすんでいるが、それより低い場所の木々は黄化というより褐変しているようにも見える。例年より、紅葉は遅れており、もしかしたら先に雪が降るかもしれない。
・冷たい雨に濡れたくない。これからの時期、天候の悪い日は、入山しないほうが良い。
・今回は2度も山小屋で昼食をとった。今後も上手に活用しようと思う。
・教訓、体調が悪い時はテン泊をあきらめ、装備を軽くすべき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)