« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の1件の記事

2017年11月15日 (水)

恵那山・荒島岳:もはや百名山に行くしかない

2017年11月4-5日
 
文化の日、連休。
高所では雪。
前日午後、どこに行こうかを思案、思いあぐねながら走り始める。
天気予報では、南ア方面まで行けば晴れとの予報。
百名山を踏破する気は皆無だが、
山を決めかねる時、安直な判断材料となる。
こんな時こそ百名山。
ブラブラと一般道を走行しながら、木曽川沿いを行くか、天竜川へ抜けるかを思いながら、奈川を行く。結果、トンネルを抜け、伊那「みはらしの湯」で温泉を頂戴。


風呂上りに天気予報を精査して、恵那山をチョイス。
広河原で車中泊。



4日

さすが百名山、駐車場はみるみる埋まってゆく。
7時に出発。

Img_6196

(カラマツの黄葉)

上部のカラマツは落葉。

9:30 に登頂 ガスガスで展望なし。
しばし休んで下山、雨がぱらつく。天気予報は変更となったらしい。
林道に戻った時点で本格的な雨。
雨具を羽織って、ズボンは濡れるに任せて歩いた。
天気予報のおバカさん。


11:30 駐車場に戻る。



1510743509003

(智里は雨の中)


「ゆったりーな昼神」で汗を流す。

このまま帰ることはありえない。

R256を経由して中津川に抜け、郡上八幡まで高速を使って、その後、福井県に入った。夜の油板峠は、通う車は少なく、グルグルと異次元へと向かうようで、なんだか怖かった。

Img_6212

(月夜)

Img_6216

(九頭竜には恐竜がおる)


5日

勝原の荒島岳登山口で、朝を待つ。
7:00頃、出発。

ブナの森が見事である。
いいねえ。

Img_6222

(朝日が良い色合いを)

Img_6230

(ブナの根も歩きよい)

分岐から一旦下り、急登を登り上げると、樹氷の見事な稜線上に飛び出す。

Img_6250

(キラキラと輝いている)
実に見事。美しい。

来てよかった。

Img_6258

(桜が満開)

Img_6260

(白山は雪をかぶっている)

Img_6270

( 9:45 頂上に)

実に良い天気である。
小休止。

11:55 登山口に戻る。

その後、大野に抜け、「勝山温泉センター水芭蕉」で温泉を頂戴する。
重曹泉。表皮が溶けて、つるつる。

近くのコインランドリーで、衣服を洗濯し、高速を富山に戻った。


お天気を求めて、遠くまで出かけた。結局、雨。
それでも、この荒天が美しい樹氷の山に出かけるチャンスを与えてくれた。
道中、この国の原風景を思い描きながら、地域の風土やお湯を楽しみながら、また旅に出たいと思うのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »