« 甲武信ケ岳:千曲川源流 | トップページ | 美ヶ原:鼻とか頭とか、茶臼山ってのもあったな »

2017年7月29日 (土)

尾瀬ヶ原・燧ケ岳:娘と山旅楽し

一昨年、一人で尾瀬に入って、娘に「裏切者」と呼ばれた。
心に突き刺さる一言。

今回は、娘をさそってやり直し。

前日は午後から休みをとって、準備と移動。
途中、松之山温泉「鷹の湯」に立ち寄る。
独特のお湯で、スモークというか石炭酸のような匂いがする。
体がポカポカ温まりました。地域の皆様の情報交換の場となっているようです。

その後、キノコ山盛り天丼を食し、娘を拾い、戸倉で朝を待った。



7月15日
朝一番のタクシーで鳩待峠に入る。駐車場が新たにできていて、小屋前の喧噪は和らいでいた。5:15、歩き始める。

 

朝露が残る湿原を歩きたい。

Img_5015

Img_5021

Img_5028

 

Img_5032_2

(ナルシス)

Img_5035

Img_5043

Img_5047

Img_5053

Img_5060

Img_5063

(行者ニンニクが満開)

Img_5066

湿原の雰囲気をおおいに楽しむ。

8:15頃、見晴らしに到着。幕営。
山靴にはきかえ、9:15、燧ヶ岳へと向かう。

 

Img_5081

(山麓は気持ちのよいブナの森)

昨年から見晴新道が再開していて、これを利用。
事前の情報では、笹やぶを切り開いたヌカルミの多い道とのこと、確かにその通り。

Img_5102

12:20、頂上に到着。
娘よ、よくガンバッタ。

(写真は省略)

昼食を済ませて、スタコラ下山。
ヌカルミとは言っても、まだマシな方。
すべり落ちるようなことはなく、膝にやさしい道のりであった。
2人とも、尻餅をつくことなく下山。


15:30、テントに戻って、小屋でビール。おでん。ラーメン・・・。
持参した夕食は、あまり消費できなかった。
小屋の風呂で汗を流す。
爆睡。



16日
テント撤収。
尾瀬沼へ向かう。

Img_5109

7:45、沼尻平

Img_5112

あの眺めの良い小屋は焼け落ちていた。
残念。
焦げた木道をあとにする。





湖畔の原生林を行く。

立派な森である。

ここだけを目的にしてもよいものを感じる。

 

Img_5126

 

(大きな木の存在感は写真に写らない)

Img_5131

(大江湿原のキスゲ)

キスゲが咲き始めていた。翌週が見頃か。
鹿対策の効果が見え始めている。

Img_5149

その後、三平峠から大清水に下り、タクシーとバスで戸倉に戻り、尾瀬ぶらり館で温泉を頂戴した。
まことに良いお湯でした。

その後、北関東のうまいものを食べ歩きながら、翌日は碓氷峠。
長野に入ってからも、おいしいものを食べ歩いて、娘と別れた。

父としては、実に楽しい旅であった。
つきあってくれて、ありがとう。

Img_5178

Img_5181

Img_5182

(以上は、碓氷峠、めがね橋とトンネル)

|

« 甲武信ケ岳:千曲川源流 | トップページ | 美ヶ原:鼻とか頭とか、茶臼山ってのもあったな »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/65584296

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬ヶ原・燧ケ岳:娘と山旅楽し:

« 甲武信ケ岳:千曲川源流 | トップページ | 美ヶ原:鼻とか頭とか、茶臼山ってのもあったな »