« 高清水山・高落場山:よりも大滝山のブナ林が | トップページ | 岩菅山:へ至る旅 »

2017年5月27日 (土)

塔倉山、四阿山(根子岳):短い春を楽しむ

5月の真夏日頻度が年々高まっていて、気が付くと梅雨入り前に夏山のような気候になっている。
早いうちに低山と、大きめの春の山をと考えた。

5月20日

土曜は、家事を済ませ、午後から立山町の未踏峰低山「塔倉山」へ向かった。
カーナビを持たないので、登山口までの地図読みが、山歩きよりも真剣である。

13:40に登山口を出発

Img_4613_2

(登山口)

頂上には、14:00到着。

Img_4615

(大辻と高峰の向こうに剣)

引き返す。暑いね。もはや夏山。

Img_4619

(途中見下す富山平野)


霞んで見えるのは、水田からの蒸気のせいだろうか、それとも乾燥による微粒子の飛散のせいか?


登山口には14:20に戻る。
登りと下りの時間がほぼ同じであった。



山中を歩く時間は少なかったが、その後、乗用車で迷い込んだ山間部の道のりは、日常の単純な常識では判断できないワクワクする空間であった。




5月21日
翌日は、
標高を一気に高めて、信州の四阿山(根子岳)に入った。
菅平高原からの入山。ラクビーのメッカ。芝生のコート多し。


6:15に牧場から、まっすぐ根子岳に向かう。次に、四阿山へと周遊するルートをチョイス。

Img_4624
(途中、見下ろす菅平高原)

Img_4638

(根子岳頂上、その向こうに四阿山)

根子岳からは一旦下る。
笹っぱらの鞍部から、雪の残るシラビソの道を上る。

Img_4640
(四阿山北側斜面の残雪)

雪の道は嫌いではない。むしろ好き。
涼しくて、気持ちよし。

Img_4642
(登りあげて根子岳を振り返る)

尾根を少しのぼると群馬県に入る。

9:10頃到着。

Img_4645
(頂上は群馬県)

白根山から当山そして浅間山へと続く火山の山々に囲まれた地域を俯瞰する。
上田からこの先の沼田までが六文銭。

Img_4650


帰りは、中尾根のコースを下る。
ダケカンバの新緑が気持ち良い。

Img_4654

Img_4658

(牧場ら見た左根子、右四阿)


5時間ほどの山歩き。

その後、信州のお気に入りの温泉地に寄り蕎麦を頂戴し、満足。


だだし、花粉症が悪化。(記録しておきます。)


|

« 高清水山・高落場山:よりも大滝山のブナ林が | トップページ | 岩菅山:へ至る旅 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/65327939

この記事へのトラックバック一覧です: 塔倉山、四阿山(根子岳):短い春を楽しむ:

« 高清水山・高落場山:よりも大滝山のブナ林が | トップページ | 岩菅山:へ至る旅 »