« 大辻山:ミラーから歩く | トップページ | 仁科三湖 塩の道まつり:静かな水面を見た一日 »

2017年5月13日 (土)

金剛堂山:新緑と雪解けの道は長靴

5月4日

雪解け時、この山の登山道は雪解け水が川となり、ヌカルミも多い。
登山靴の防水性能を評価するのには丁度良い。
以前はいていたシューズは、この性能試験に落ちて引退となった。


今日は前回と同じく長靴での入山。

栃尾の登山口までは入れないので、スキー場駐車場から尾根道を登る。
9:20頃出発。

Img_4491

一面の春の花が見事である。

40分ほどで正規の登山道と合流する。

このあたりまでは、新緑がきれい。

Img_4500

(いつものブナの木にご挨拶)

10:50片折岳

Img_4504
(片折岳の看板は別の木に移動した)

Photo

Img_4518

(来た道を振り返る)


頂上には12:00到着。
良い眺め。
白山、御岳、穂高・槍、五郎から薬師。

Img_4524
(頂上から南、今ならどこへでも行けそうである)

おにぎりを食べて下山。
サクサク下る。

Img_4534

(雪解け泥の道をゆく)

長靴の威力は抜群で、ヌカルミも中央突破。
快適である。


13:40、自家用車に戻った。
最寄りの温泉で汗を流し、利賀川沿いを庄川方面に下った。

途中、土木工事を見学しながら、利賀はこんな山奥であったかと確認した。

Img_4553

(道の駅から見た新緑の山と月)

|

« 大辻山:ミラーから歩く | トップページ | 仁科三湖 塩の道まつり:静かな水面を見た一日 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/65274235

この記事へのトラックバック一覧です: 金剛堂山:新緑と雪解けの道は長靴:

« 大辻山:ミラーから歩く | トップページ | 仁科三湖 塩の道まつり:静かな水面を見た一日 »