« 2016年11月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年1月の1件の記事

2017年1月 9日 (月)

蓼科山:初心に帰って

2016年12月25日

例年のことではあるが、この季節は山に入る機会を失う。
天候が不安定なのはもとより、10月下旬から会合の回数が増え、深酒のダメージが身を侵蝕してゆくのだ。そんなことは毎年のことで、これを回避することにより快適な生活が送れることは承知している。ただし、人と人とのネットワークの形成に、今の時代になっても酒宴の席は、有効に機能している。なんたて、未だに多くの日本人はしらふで本音の多くを語ってくれない。
そして、適当に切り上げられないのは、もはや「不治の病」である。


24日、テン泊装備を整えて出発。西穂山荘で幕営しようと思っていたが、お腹の具合が明らかに悪く、入山をあきらめて奥飛騨一人旅に変更、平湯の森でのんびらいと温泉とそばを堪能した。その後、松本のカモシカスポーツで「信州ふるさと120山」を買い求め、ブラブラと一般道を走って諏訪に抜けた。

最後には女神茶屋前の駐車場で車中泊。
駐車場には立派なバイオトイレが整備されていた。霧ヶ峰の車山肩にもあるが、し尿処理に苦労する場所とは思えない。なんでやろ。

25日
朝、冷え込みは厳しく。ペットボトルの水は凍っていた。
6時半すぎに出発。先行者は4-5名ほど。

最初、雪は無かったが、途中から岩と雪のミックスになる。こんな時こそのチェーンスパイクを装着。実に快適である。
12本爪やピッケルも背負っているが、使うことはなかった。

Img_4215

(北八つ特有の縞枯れ)

樹木が更新してゆく現象で、古い木が枯れ、小さな個体が光を浴びて成長してゆく。
シラビソの群落ならではの現象のようにも思える。
職場もこうあるべきであるが、若い木々が不在では古い木は枯れるわけにはかない。

ガスの上に出る。

今日は、良い天気のようだ。

Img_4228

(南アルプスの山々)

Img_4251

(槍穂もよう見える)

手前、霧ヶ峰ほか全く雪は無い。

蓼科山の頂上も積雪は少ない。

Img_4259

(南八つと南アルプス)

Img_4282

(気持ち良いねえ)

風も強くない。
頂上付近でまったりと過ごす。
来てよかった。

9:30下山開始。サクサク下る。

11時頃に下山。駐車場は満車であった。

Img_4286

(北横岳の雪もこの程度、少ないね)

お風呂は河童の湯。
直売所やら八ヶ岳総合博物館で、地域を学び楽しんで帰路につく。

Img_4287

(平湯から、笠ヶ岳が夕日に染まっていた)

今回、楽ちんな山をチョイスした。
山は旅の一部となってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年5月 »