« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年11月の1件の記事

2016年11月 7日 (月)

大辻山:北尾根と白岩川沢ルート

2016年11月5日

高所では雪が降り、冬の気配。
温暖化の影響か、昨年は雪が少なく、あまり面白いシーズンとは言えなかった。
振れの範囲の中の温暖化であろう。
今年の振れはどちら側に振れるのであろうか?

朝は、所用があって出遅れた。
アプローチが近い場所ということで、久しぶりに大辻山に入ることに。



今日は、標記のとおり、マイナールートをめぐる。
北尾根の登山口を出発したのは11時10分。
落葉がすすんでいるので、毛勝、剣、そして富山湾を眺めながらの尾根歩きができた。

随所に立派な立山杉があってこの地域の雰囲気を醸し出している。

Img_4099

1時間ほどで、主幹道の分岐地点。
その先、ブナやダケカンバの森となる。
頂上付近には、先日の雪が残っていた。

Img_4108

分岐から15分ほどで頂上。

P_20161105_122358_hdr

Img_4116

眺めよし。室堂周辺の雪は未だ深くはないようだ。

20分ほど休憩して、下山開始。

のどかな北尾根を戻るのは、物足りないので、
白岩川の沢ルートを下ることにする。

本当なら沢は登りに使うべきであるが、少しは緊張感を楽しみたい。




最初は細いぬかるんだ道であったが、次第に流れが太くなり、

Img_4124

Img_4127
沢らしい様相を呈してくる。
どこに足を置くかの判断は、よい頭の体操になる。

楽しいねえ。

Img_4130

それでも、うっかり足を滑らせ、片足を水に着けてしまう。
減点5。

13時40分に林道に戻る。濡れた靴下を脱いで、
北尾根登山口まで、30分ほど林道を歩く。

Img_4133

この辺の林道は谷側に傾斜している場所が多い。
地すべり地帯かもしれぬ。

帰りは、芦峅寺側に車を走らせた。


Img_4136

礼拝山の紅葉も終わり。
林道から見た、カルデラ。雪の付き具合のせいか、鳶山崩落の様子がよくわかる。

Img_4137

P_20161105_144033

久しぶりに立山博物館や教算坊の庭を散策し、立山信仰を学び秋の風情を楽しむ。

曼荼羅の地獄絵図。
人々はすべからく、罪深く・・・。ここでは、述べまい。

P_20161105_153639

P_20161105_153723

そろそろ、山に入る機会も少なくなってくる。

そろそろ、新しい展開に向け、この場を離れる時期だと感じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »