« 志賀山:上信越国立公園を遊ぶ | トップページ | 小佐波御前山:芦生ルートのけもの臭 »

2016年10月16日 (日)

瀬戸蔵山:紅葉はいずこ

2016年10月15日

久しぶりの快晴。一方、10月はさざ波のような会合、深酒・体調不全。
土日の2日とも午後からの行動となった。

まず15日
午後から入れる山はと考えて、最初にチョイスしたのは瀬戸蔵山。
事前に登山口を調査せず県営ゴンドラPから歩き始める。14:10発。
かつての地図の記憶とは異なり、現在のルートは粟巣野スキー場右手からの入山。

Img_3851

(対岸、大辻山の色づきは今一つ。未だ早い)

百貫滑を通過し、しばし行くと、14:50には

Img_3853
(竜神ノ滝)

その後、急登を登り上げてゆく。
途中、足が攣る。何年振りかの出来事。食生活のせいか。

瀬戸蔵山には15:40に登頂。ゴンドラPから1時間半ほど。

Img_3856

(弥陀ヶ原の向こうに大日岳、別山、真砂、立山)

紅葉は大日平あたりまで降りているようだが、鮮やかとはいい難し。

陽が低くなってきているので足を速める。20分ほどでゴンドラ頂上駅。

そのまま、ゲレンデの道を下る。急な作業路。富士を思い出す。

Img_3859


道を誤り、極楽坂へ下ってしまう。

遠回りとなってしまった。
17:00頃、駐車場に戻る。
3時間弱の行動であった。

Img_3869

今日は、剣岳から月がのぼった。


|

« 志賀山:上信越国立公園を遊ぶ | トップページ | 小佐波御前山:芦生ルートのけもの臭 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/64357981

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸蔵山:紅葉はいずこ:

« 志賀山:上信越国立公園を遊ぶ | トップページ | 小佐波御前山:芦生ルートのけもの臭 »