« 富士山と瑞牆山:気ままな旅 | トップページ | 志賀山:上信越国立公園を遊ぶ »

2016年10月10日 (月)

雨飾山:温泉と温泉の合間に

2016年10月2日

少し前の話。
9月は記録的な長雨でもあったし、何かと雑務があって山に入れなかった。
紅葉の具合を確かめに行こうと思う。
足がなまっているので手軽な所を選んだ。
前日20時ごろ、いつものように小谷道の駅で気持ちの良い温泉を頂戴し、登山口で車中泊と相成った。

翌朝、天気は優れないのの、6時過ぎに行動開始。

Img_3722

(空いている方だと思う。翌週は劇混みに違いない)

湿ったブナの森を進んでゆく。
荒菅沢はガスっていて、上部の様子は見えない。

しばし急登。

Img_3726

(でんでんムシを回転撮り)

8時15分頂上。
ガスの中である。

しばらく経つと雲は薄くなり、

Img_3741

(雲の切れ間から太陽)

日本海側の雲がとれてきた。

Img_3753

(糸魚川と日本海、左に明星山、右に駒ケ岳の岩壁)

Img_3767
(雲がとれる)

Img_3768

(後続が上がってきた)

1時間ほどのんびりし、下山開始。

Img_3771

(金山も顔を見せた)


この山域の土は滑る。
濡れた岩や木の根が滑る。
慎重に下山。

11時10分ごろ登山口に。
今日は、登りと下りの時間が変わらなかった。

Img_3779

(登山口にテントサイトあり)

結局、紅葉した葉の多くが、腐って落ちてしまうような秋雨の毎日。
台風ばかりで、冷え込みを感じない。
噂通り、あまり紅葉の良い年ではないようだ。

このあと、これからの標高の低い場所に期待したい。

下山後は、雨飾荘へ。
12時からの営業のところを早めに入れてもらって、
気持ちの良い温泉を頂戴。

そして、ざる蕎麦とオールフリー、地の漬物で、もはや言うことはなし。


その後、白馬をぶらついて、良い休日を過ごした。





|

« 富士山と瑞牆山:気ままな旅 | トップページ | 志賀山:上信越国立公園を遊ぶ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/64327746

この記事へのトラックバック一覧です: 雨飾山:温泉と温泉の合間に:

« 富士山と瑞牆山:気ままな旅 | トップページ | 志賀山:上信越国立公園を遊ぶ »