« 双六・三俣蓮華岳:ご自愛したった、しかし暑いねえ | トップページ | 富士山と瑞牆山:気ままな旅 »

2016年8月22日 (月)

空木岳:晴れ間を求め、ソースかつ

2016年8月21日

土曜の昼に、各種装備を積み込んで、例のごとく走りだした。
明日の天気予報で晴れマークは松本と飛騨ぐらいで、そのほかは芳しくない。
その線であれば、西穂に上がって、翌日はジャンでもどうかと思ったのだが、奥飛騨から見る山々は密度の高い雲に覆われ、今晩は強い雨と予想。濡れた岩はイヤダナ。


そのうち、天気予報は南信地区が晴れると変更となった。


そこで、松本に抜け、雨が降るなか、カモシカスポーツで時間をつぶし、駒ケ根まで車を走らせた。

こまくさの湯で汗を流して、良き場所にて車中泊、明日に備えた。


21日
まだまだ暑い季節、涼しいうちにと思い、3時半過ぎには行動を開始した。
暗い中、分岐の標識を確認しながらの行程である。

ジャンルは遊歩道と登山道。登りは、遊歩道をチョイス。

Img_3533_2
(ライトに照らされた露が美しい)

よく整備された尾根道を登りあげてゆく。
前回と同様に、ペースが上がらず、体調は今一つ。
それでも、前日の雨ですべてが冷やされ、心地よい空気に満ちている。

 

Img_3542_2
(空木平の避難小屋と目指すピーク)

避難小屋はきれいに管理されていて、関心しきり。
いつか避難してみます。

Img_3547_2
(駒峰ヒュッテと空木岳)

ハイマツ帯を登りあげ、ヒュッテから100mで、頂上。
8:20到着ナリ。
遅刻は仕方なし。

いい眺めである。

Img_3562_2

(この先、南駒ヶ岳への稜線)

南駒まで行く時間はあるが、見る限り遠く、アップダウンも多い。
体調と相談し、ここまでとす。

Img_3566_2
(打ち寄せる雲)

次々と湧いてくる。

Img_3582_2

(南アルプスの山々、ちらりと富士)

のんびりと眺める。
来てよかった。

9時、下山開始。

Img_3586_3

(ヒュッテから)


下りは登りと別ルートをチョイス。

Img_3594_2

Img_3596

(尾根道をチョイス、個性的な巨岩たち。)

高度を下げてゆく、
飛騨山脈にはない風情を楽しむ。

池山小屋を見学。
その後、
池山に登頂。


Img_3604

少々、まわりみちですね。

暑い。


笹の道、潜む熊にもわかるよう、「暑い、暑い、このおっ」を連呼しながら、暑い、もとい下山。
鷹射場から先は、惰性で駆け下りた。


登山口は12時15分。




改めてこまくさの湯。
その後、ソースかつ丼とそば。
時折SAで買い食いをしながら高速道を戻った。





山行を重ねると、普通は強くなるはずであるが、
時に負荷はダメージとなって、いつまでも体調が戻らないことがある。
夏風邪の影響もあるが、なんだか弱いやつである。
明らかな力不足。

もはや、この歳で鍛えるのは容易ではないと実感。
やり方を変える必要があるね。





そして、新たな生産的活動の糸口はないものか?
これ以上食べると、太ってしまうと、
ソースかつ丼を食しながら思う。

|

« 双六・三俣蓮華岳:ご自愛したった、しかし暑いねえ | トップページ | 富士山と瑞牆山:気ままな旅 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/64096932

この記事へのトラックバック一覧です: 空木岳:晴れ間を求め、ソースかつ:

« 双六・三俣蓮華岳:ご自愛したった、しかし暑いねえ | トップページ | 富士山と瑞牆山:気ままな旅 »