« クズバ山:梅雨明け前、ガスの中 | トップページ | 飯豊山:雨と晴と虫刺されと会津の良き人とお酒 »

2016年7月25日 (月)

白馬岳:月を追いかけながら

2016年7月23・24日

前日に会合があって、深酒は免れないことから、初日の行程はライトに、到着後はのんびりしたい。仲間を誘って、白馬大池に幕営、翌日、白馬岳までピストンすることにした。

今回は栂池からの入山。駐車料、ロープウェイ料金等々、お金のかかるルートである。


初日

糸魚川の24時間営業のスーパーマーケットで手のかからない食料を買い求め、栂池自然園の登山口を出発したのは11:30頃であった。雲空のおかげで暑さに苦しむことはなかった。
2時間ほどで大池に到着。
結局、クロックスのまま登り上げた。
バランスをとりながら、足の裏で歩く感覚が、実に気持ち良い。
一歩、一歩。

真似しないでね。

Img_3129

幕営後は、ゴロゴロしながらのんびり過ごした。
星の見事な夜であった。



翌日、2時半の目覚ましが周辺のテントから連荘で鳴る。
当方は3時半の予定であったが、これに合わせて準備をする。

3時半少し前に歩き始める。

夜明け前の、凛とした空気が気持ち良い。


徐々に陽が昇る。


Img_3156

(大池の向こうに日が昇る)

Img_3180
(照らされる白馬岳)

Img_3187

(小蓮華のシルエット)

終始、月を追いかけて登りつめてゆく。

Img_3201
(三国境から月と飛行機雲)

Img_3210

(白馬沢の崖っぷち)

Img_3216

(太陽が高くなってきた。小蓮華の尾根)

Img_3225

(白馬頂上から見た、飛騨山脈の山々)

引き返す。

Img_3229

(振り返り見た山々)

朝方は快晴。

夏山らしい稜線歩き。
白馬の花々はやはりすばらしい。



テン場に戻ったのは8時すぎ、往復5時間ほどの行動であった。



テントを撤収し、栂池の駐車場に戻ったのは11時。
最寄りのお風呂は、12時からの営業。無念。



よって、白馬まで流れ流れて、
蕎麦と温泉をめぐり、良い時間を過ごした。

















|

« クズバ山:梅雨明け前、ガスの中 | トップページ | 飯豊山:雨と晴と虫刺されと会津の良き人とお酒 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/63961247

この記事へのトラックバック一覧です: 白馬岳:月を追いかけながら:

« クズバ山:梅雨明け前、ガスの中 | トップページ | 飯豊山:雨と晴と虫刺されと会津の良き人とお酒 »