« 高頭山:播隆上人ゆかりの地から | トップページ | 鳳凰三山:ほ~お~ »

2016年6月 5日 (日)

平ヶ岳:登山口までが新しい発見に満ちている

2016年6月4日

本年は、雪が少ないため、山のシーズンも早めに
展開している。うっかりしていると「旬」を逃してしまう。

奥只見の樹海ラインは、例年より早く開通したとのこと、涼しいうちにロングルートに行っておこう。
こんなきっかけが、平ヶ岳には必要だ。


仲間の運転に楽をさせてもらい、前夜に登山口にたどり着いた。
朝、登山口の駐車場はほぼ満席状態で、大勢の方がこのタイミングを計っていたようだ。

5
時少し前に、出発。
左に燧ケ岳を見ながら乾燥した細尾根を登りあげてゆく。背後には会津駒ヶ岳。

Img_2834

(只見川は尾瀬からの流れ、燧に日があたっている)

台倉山までは日当たりの良い尾根で、夏はさぞかし暑かろう。

Img_2840

(遠く、平ヶ岳を望む。遠いなあ) 

その先は、しばらく樹林帯を歩いてゆく。ぬかるんだ場所には木道が設置されていており、このロングルートを普請されている皆様のご苦労に感謝しながら歩いてゆく。

 

Img_2845

(ダケカンバの新緑の季節)

笹の尾根道を上りあげると、至仏、日光白根など、なかなかの眺
めである。


Img_2847

(左に至仏山、そしてこれから向かう平ヶ岳)

上部は苗場山とよく似た風景であった。

背の低いオオシラビソと笹、湿原・池塘。



池ノ岳から頂上へは遠くない。

Img_2855

(終点はこんなかんじ)

10:00頃に到着。

Img_2856

(その手前に三角点)

平ヶ岳の頂上付近で少し休んだのち、玉子石まで足を延ばす。

Img_2859
(一部、雪が残るが、危ないものではない)


Img_2863

(玉子石からの眺めもなかなか良い)

越後三山や荒沢岳の眺めが良い。雪の文様が美しい。

Img_2864

(左から、八海山、中ノ岳、越後駒ヶ岳)

姫ノ池のデッキで30分ほどお昼寝をする。
気持ちよし。

 

Img_2872

(傾けてみる)


Img_2878
(ひょっこりひょうたん島、若い人には??)


その後、来た道を戻り、そのほかの登山者の皆様と時折おしゃべりしながら、下山する。

Img_2880

(帰りに細尾根のリッジを写してみました。)

下山後は銀山平の「白銀の湯」でお湯を頂戴。浴槽から見る中ノ岳と越後駒ヶ岳が実にかっこよい。このあたりは、いずれまた訪れることになると思う。


さて、奥只見シルバーラインの長い長いトンネルは、どこぞの秘密基地へ向かうような「趣」がある。樹海ラインも
ダム湖のヘリ縫うように約30km走る。途中に何もなく、実に奥深い。ガソリンは満タンに水・食料も。何かあっても助けが得にくいので、慎重な行動が必要。この登山口に至るまでの長い山道が核心部分かと思う。

 

平ヶ岳:往復、22kmほどのロングルートではあるが、アップダウンが少なく、時間はかかるものの足腰の負荷はさほど大きくない(個人的な感想)。「日帰り」が前提条件で、携帯の電波は届かないので、覚悟して入られたし。





|

« 高頭山:播隆上人ゆかりの地から | トップページ | 鳳凰三山:ほ~お~ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/63735969

この記事へのトラックバック一覧です: 平ヶ岳:登山口までが新しい発見に満ちている:

« 高頭山:播隆上人ゆかりの地から | トップページ | 鳳凰三山:ほ~お~ »