« 城ヶ平山:風強く | トップページ | 金色週間:塩の道、袴腰山、祖父岳 »

2016年5月 1日 (日)

妙義山:新緑と鎖

2016年4月30日

ゴールデンウイークは、おおよそ残雪山と決まっているが、本年は雪が少なく、食指が働かない。
本年は丁度、新緑の美しい時期と重なったので、新緑山にテーマを変更。丁度、「妙義山」ぐらいが良い季節。また、しばしユルめの山行が続いていたので、刺激も必要とも思う。

そのほか、「なんとなく」という最も有力な理由で、上州まで遠征した。実際、妙義山に心が決まったのは、長野県に入ってからである。

前泊し、朝7時丁度に妙義神社の鳥居をくぐった。

Img_2474

Img_2478

妙義神社で、平和と安全を祈願し、登山開始。
新緑が誠に美しい。

なんとなく、大の字を経由しない左側のルートをチョイス。

Img_2489

丁度、山ツツジが見ごろ。

奥の院から、いよいよ本格的な岩場となる。
ヘルメット装着。

ビビり岩で、緊張を高める。

戸隠山みたいな岩であるが、岩質は一つではない、複雑らしい。
ルート上は、凝灰質集塊岩っぽいところが多い。
8:30玉石通過。

Img_2494

立っては歩けないが、ホールドがしっかりしているので、難しくはない。

大のぞきからの下りは、手がかり少なく、鎖に頼る。

Img_2498

鎖に全く頼らないことをこの時点で断念。安全第一。

Img_2501

相馬岳には9:40着、その先にこれから向かう金洞山をとらえる。
ちょっと遠いね。
細かなアップダウンがあるので、時間がかかる。

それでも、新緑の気持ちの良い道である。

危険地帯鷹戻しの頭への登りに入る前、カメラをザックに収納したので、その後の写真はない。
よって、行程時間も不明。
鷹戻しの頭周辺は足場が少なく、鎖を頼りに腕力で下る場所があった。

ここを過ぎれば、その先の東岳、中之岳はさほど難しい場所はない。

サクサク下って、中之巌神社に13:15着。

Img_2506

ここからは一本杉を経て、最短のルートで、戻ることにする。

Img_2508

Img_2510

新緑が実に気持ち良い。
出発地に14:15到着。
最寄りの、妙義ふれあいプラザでお風呂を頂戴し、ゆったりと過ごした。

稜線上は危険なルートとして知られている。
岩というより「鎖」のイメージが強い。
上半身の筋力を使うケースが多い。
このため、前半、むやみに鎖に頼って、上半身(腕力)の体力を失わないことが肝要。
北アルプスであれば、梯子が設置されるような箇所も、「鎖」のみの設置。一般の登山者を受け入れる体制(その気)にはないことを念頭において、入山すべし。
セルフビレーの道具ぐらいはあったほうがいいかも。

自分としては、
変化があって、とても楽しかったです。


帰路、長野で高速を降り、白馬方面へと抜ける。
翌日は、雨飾山周辺をと思っていたが、冷たい雨が降り出した。風も強くなる見込み。
高所は大荒れであろう。
雪山装備も持参しているが、こんなときはおとなしく帰るのがベスト。
白馬で夕食をとって、帰宅した。



|

« 城ヶ平山:風強く | トップページ | 金色週間:塩の道、袴腰山、祖父岳 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/63564677

この記事へのトラックバック一覧です: 妙義山:新緑と鎖:

« 城ヶ平山:風強く | トップページ | 金色週間:塩の道、袴腰山、祖父岳 »