« 大平山・濁谷山:やぶっぽ | トップページ | 平ヶ岳:登山口までが新しい発見に満ちている »

2016年5月29日 (日)

高頭山:播隆上人ゆかりの地から

5月29日

もうしばらく良い天気が続きそうである。
今日は、朝夕、所要があるので近くの山を選んだ。



熊野川に沿って、山間部に入ってゆく。熊野川ダムを過ぎて、かつてあった集落の跡を少し行くと、登山口である。

すでに何台かの車が駐車されていたが、山中では誰とも出会わなかったことから、渓流釣りか山菜獲りの皆さまのようだ。

10:10、夏山の服装で歩き出した。
涼しいうちに低山をと考えているが、もはや涼しくはない。
このルートは熊野川発電所の導水管に沿って上るのが特徴であるが、その区間はあまり長くない。

Img_2796

もっぱら、導水管の階段ではなく、左手の草付きの作業道跡を歩く。
普通、この手の施設は奈落に落ちそうな斜度であるが、
ここのは、ゆるりとした勾配である。

導水管から離れ、山の道を行く。
稜線上の低灌木が茂る場所は、陽が当たって暑いが、
ブナの密度が高まってくると、気持ちの良い木漏れ日の中を歩むことになる。

Img_2801

ブナと笹の森を行く。

一旦、少し下って登りあげると、間もなく頂上である。

Img_2806

11:50に頂上。

頂上は、ブナの林の中にあって景色は開けないが、
見上げればなかなか良い頂上だと思う。

Img_2810



「低灌木に囲まれて見晴らしが悪く、風の吹かない暑くるしい頂上」は好きではない。

気持ちの良い場所で、おにぎりを食し、サクサク下った。




Img_2812

(イノシシの掘削能力はたいしたものである。)


最後の急な下りを下りて、登山口には12:55に到着。
3時間近くの行動でした。
午後の所要には十分に間合う。



山中、何かと考え事をしながら歩いた。
いろんなことを。

「成長って」

そうそう、いつぞや、大学時代の友人たちと飲む機会があった。
30年ほど経ち、それぞれの分野で活躍し、
それぞれ責任のある立場にある。
これまで様々な経験をしているが、
皆、一皮むけば、30年前とあまり変わりがない。


自分はどの程度成長しただろうか?


表面の薄い「何か」はそれなりに成熟し、
迷うことは少なく、
多くの人たちとの関係を保ち、
シャバや組織を俯瞰しながら、
どうあるか、どのようにしてゆくかを考えるが、
一皮むいた中身は昔のまんまで、
ほとんど成長していないように思える。

そんな大学時代の自分たちを形成したのは?
それまでの、幼少年期であって、
子供たちにとって果てしなく長く長く感じられる
一日一日の積み重ねにあったように思う。
今や時が経つのは早く、成長している時はない。
もっと成長したいと希求するも

|

« 大平山・濁谷山:やぶっぽ | トップページ | 平ヶ岳:登山口までが新しい発見に満ちている »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/63701476

この記事へのトラックバック一覧です: 高頭山:播隆上人ゆかりの地から:

« 大平山・濁谷山:やぶっぽ | トップページ | 平ヶ岳:登山口までが新しい発見に満ちている »