« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の6件の記事

2016年5月29日 (日)

高頭山:播隆上人ゆかりの地から

5月29日

もうしばらく良い天気が続きそうである。
今日は、朝夕、所要があるので近くの山を選んだ。



熊野川に沿って、山間部に入ってゆく。熊野川ダムを過ぎて、かつてあった集落の跡を少し行くと、登山口である。

すでに何台かの車が駐車されていたが、山中では誰とも出会わなかったことから、渓流釣りか山菜獲りの皆さまのようだ。

10:10、夏山の服装で歩き出した。
涼しいうちに低山をと考えているが、もはや涼しくはない。
このルートは熊野川発電所の導水管に沿って上るのが特徴であるが、その区間はあまり長くない。

Img_2796

もっぱら、導水管の階段ではなく、左手の草付きの作業道跡を歩く。
普通、この手の施設は奈落に落ちそうな斜度であるが、
ここのは、ゆるりとした勾配である。

導水管から離れ、山の道を行く。
稜線上の低灌木が茂る場所は、陽が当たって暑いが、
ブナの密度が高まってくると、気持ちの良い木漏れ日の中を歩むことになる。

Img_2801

ブナと笹の森を行く。

一旦、少し下って登りあげると、間もなく頂上である。

Img_2806

11:50に頂上。

頂上は、ブナの林の中にあって景色は開けないが、
見上げればなかなか良い頂上だと思う。

Img_2810



「低灌木に囲まれて見晴らしが悪く、風の吹かない暑くるしい頂上」は好きではない。

気持ちの良い場所で、おにぎりを食し、サクサク下った。




Img_2812

(イノシシの掘削能力はたいしたものである。)


最後の急な下りを下りて、登山口には12:55に到着。
3時間近くの行動でした。
午後の所要には十分に間合う。



山中、何かと考え事をしながら歩いた。
いろんなことを。

続きを読む "高頭山:播隆上人ゆかりの地から"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

大平山・濁谷山:やぶっぽ

5月22日

本当なら、県外の山にいるはずなのに、
昨日、なんとなく富山に帰り着いた自分であったが、
体調が不良なわけでもなく、言い訳の言葉は見つからない。

義務感があるあけでもないが、
納得感もない。

良い天気がもったいない。
涼しい時期に低山をという理由で、大平山経由で濁谷山に入った。

登山口は片貝川沿いに走って、いよいよというところで右折し、林道を随分登って、のっこすあたりが登山口である。

先行者は4名ほど、9:50に出発。



最近、出発時間が遅い。

やややぶのうるさい道を行く。
長袖、長ズボンで来るべき山である。


調子が出てきたころ、稜線上の少し見晴らしの良い場所に着くが、大平山頂上だとは思わすに通過する。

その先の、時にやぶっぽい稜線を歩きながら、下降したりして、どうやら次のステージにいることを実感する。

Img_2777
(稜線上には立派な立山杉が随所に生育している)

中途半端な太さの立山杉がないのはなぜか?

どこが最鞍部かわからないまま、小さなアップダウンを繰り返し、泥っぽい窪地帯に入る。

これを過ぎたあたりが、虎谷コースとの分岐らしい。

急な登りをこえると、いきなり濁谷山の頂上であった。11:30到着。

もっと先だと思っていたので、驚いた。

Img_2779

(灌木に遮られ、必ずしも頂上からの眺めは良くない)


少し休んでから、
見晴らしの悪い、やぶっぽい道を戻る。

復路はあまりやぶが気にならないものである。

Img_2782

(復路でも杉の木の存在感に関心する)

入る人が少ない山であるが、道中、5名の方々と出会った。

自分と似たような雰囲気の人が1名。
これからの若い人が2名。
孤独を好む人が1名。
思い出せない人1名。怪。

終盤の下りは小走りで、
登山口には12:50に到着。3時間の山歩きであった。

Img_2788

(林道でシャツを着替えながら、散らかしてみた)
その後、林道を降りてゆく。

片貝川を少しのぼって、谷の深さを感じる。

Img_2792

魚津では家系を食し、
満天の湯で汗を流した。

「梅雨入り前の、新緑の山が一番良い山」と毎年書いている。
涼しく、新緑の美しさ、春の花、時に残雪。

夏に急増する登山者の皆さまは、
これを知らぬのか?
もったいない。


蒸し暑く、のどが渇き、汗まみれの山は、根拠の乏しい修行だと思う。




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

苗場山:いずれまた秋山郷と奥志賀へ

5月21日

娘と長野か新潟の山へでもと思っていたが、
急な話に娘は対応できず、一人で出かけることにした。

一応、テント装備も準備し、運転しながら腹を決めるつもりであった。

ただ、おぼろげに、これまで飯山線沿いの北信州には、あまり足を踏み入れたことがなかったのと、秘境「秋山郷」そのものにに興味があったのもあり、信州側から苗場山に入ることになった。

前夜に出発、途中、仮眠をとって早朝の千曲川沿いを下ってゆく。

Img_2683

(朝霧につつまれる千曲川)

かつて、この地域で川霧が戦の勝敗を左右したのもうなずける。


一旦、新潟県に入ったのち、中津川に沿って、南下した。
たおやかな雰囲気の千曲川と違って険悪な雰囲気の河川である。
富山にも暴れ川は多いが、ゴロゴロと岩の音がしそうな河川である。
各所に大きな岩壁が迫っている。
このあたりの地形や、秋山郷が2つの県に分かれているのかについては、いずれ地理・地学と地域の歴史を勉強してみます。

登山口は、小赤沢をチョイス。

Img_2686

(3合目駐車場)

50台との記述を目にするが、頑張れば200台は入る。

7:25 出発。

Img_2687

(気持ちの良いブナの道を行く)

Img_2691

(立派な道標が定期的に設置されている。ただし、所要時間はあてにならない)


ダケカンバの密度が高くなってくると、急な登りとなってくる。
ただし、上手にジグを切ってあるので、負荷は少ない。


本年は雪が少ないものの、いくつかの小さな谷筋で雪面をトラバースした。
特に難しい場所はないが、山に不慣れな人は、アイゼンがあると安心かもしれない。

9:05、台地に登りあげる。

Img_2708

(振り返り見た坪場、その先に対岸の鳥甲山が見える)

樹林帯の一部に雪が残るが、湿原にはほぼ雪はない。
苗場山神社に参拝。
平和を願う。

Img_2718

(湿原の向こうは佐武流山でしょうか)

ブナ林がすばらしいらしい。
ただし奥深い。
いずれ、また。

苗場山頂上には9:50に到着。
見晴らしの良い場所で、小休止。

Img_2725

(デッキでくつろぐ山道具とおにぎりたち)

ピッケルは使用しませんでした。

Img_2726

(小屋開けに向けて準備に忙しい、屋根のペンキ塗り)

おにぎりを食し、サクサクと下った。


Img_2730

(左の尖がりが猿面峰、ダケカンバの群落の中を下る)

Img_2737

(ブナの新緑が美しい尾根道を下ってゆく)

Img_2742

(ご苦労な杉の木)

バランスを保ち続けている。

11:40に登山口に戻る。

本日、このルートを登ったのは、小生を含めて6名であった。
静かな山歩きであった。




秋山郷は、色々と温泉が楽しめる。
今回チョイスしたので、小赤沢の楽養館。

Img_2747

(透明度5cmぐらいか、鉄、Ca、Kの量が半端ないってかんじ)

ここで、蕎麦を頂戴し、道路情報をゲット。お世話になりました。



Img_2750

(ドロの木平の水場)

この近くに、佐武流山の登山口アリ。

その後、秋山林道(雑魚川林道)を抜け、奥志賀へ抜ける。
奥志賀高原栄線は冬季閉鎖であるが、昨日、例年より早く開通したそうだ。

奥志賀までの区間は、ブナの新緑はもとより、渓流が実に美しい。
このような美しい森は、ほかにはないと思う。正直、感動。
実に良い季節に来た。

Img_2758

翌日、岩菅山に入ろうとも思ったが、志賀高原にコンビニを発見でず。
そのまま食材を求めて下っているうちに里まで降りてしまった。



この周辺には、必ずやまた来ることになると思う。

近辺の山々に食指が動かないので、そのまま高速で、帰路に着いた。
夕焼けがきれいなので、途中、一般道に降りて、のんびりと走った。

Img_2766


自分なりに課題を設けて山歩きをした時期があったが、
最近は、気ままな山行を楽しんでいる。


こんな気ままな旅は単独行でないと実現しないなあ。

堪能したので、
次回は、みんなで。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

鋲ヶ岳・烏帽子山:北方稜線の末端

2015年5月15日

遠征予定であったが、何かとあって出立が遅れた。「富山の百名山」をパックに入れて、ひとまず車を走らせた。
布瀬川沿いに山に入り、田籾橋から山間部に入ったが、今はあまり使われていない道のようである。途中、嘉例沢の石仏に立ち寄る。

このあたりは、かつて集落があったらしい。

Img_2641

少し、先にすすむと新川牧場からの立派な林道とつながる。現在は、こちらが主に使われているようだ。

嘉例沢森林公園の駐車場を出発したのは11:40。
稜線上に飛び出して少し北上すると、鋲ヶ岳頂上である。急ぎ足なら15分とかからない。

Img_2646

(宇奈月温泉街と後立山の山々)

朝日岳、雪倉、白馬、唐松、五竜、鹿島槍
眺めよし。

昔の人は黒部の深い谷をどのように歩いたのだろう。

Img_2650

Img_2656

Img_2667

僧ヶ岳には少し雪が残る。
急げばピストンできそうであるが、無理するものでもない。

13:20烏帽子山頂上、20分ほど休んで、サクサクと下った。

少し急いで、14:30に駐車場に戻る。

3時間ほどの山歩きであった。



帰りは下立側の林道を下る。金比羅社や下立の霊水など、新たな発見をする。

Img_2670

Img_2671

宇奈月の総湯に立ち寄る。
透明。

Img_2674_2

黒部市から見た、今日の山並み。左端が、鋲ヶ岳。そして、雪が残る僧ヶ岳。



花粉症・そのお薬のせいか、なんとなく眠たい毎日。
スズメノテッポウの季節が過ぎるのを待とう。

不思議なくらい、ピタリと止むものである。

 

そろそろ、へとへと山にもトライしないと、「よわい」に蝕まれそうである。



 

続きを読む "鋲ヶ岳・烏帽子山:北方稜線の末端"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月10日 (火)

金色週間:塩の道、袴腰山、祖父岳

娘が休みを利用し、帰省した。
塩の道祭りに誘ったら、即、OK。
父の趣味につきあうことを前提で帰省している。

「人を許す」ことをごく自然にできる人だと思う。

Img_2516

どう社会に貢献するかを、日常、思いめぐらす父とは違って、自然体でそれができるのではないだろうか?そのままでもよいとすら思う。時に大切なキーワードを少々配信できれば。

Img_2528

Img_2540

将来は自分たちで築いてゆくもの。
子供たちの将来に、責任をもつ大人たち。それを信じている子供たち。
難解に考えることはなく、シンプルに感じればよいと思う。

Img_2554

大雪渓の雪解け水。
循環、今も昔も。

Img_2560

Img_2567

田植えが始まる。
今も昔も。

娘との良き春の道。
9㎞のコースでした。来年は、別の区間を。





日曜、

県外遠征をと思っていたが、
花粉症のお薬のせいか眠くてしょうがない。
結局、日曜に一人で大笠山に入ることにしたが、気分が乗らず、ささら館で引き返し、細尾トンネルから袴腰山に入った。

Img_2587

峠から歩き始める。
30分ほどで頂上。

Img_2591

少し先の見晴らし台に上る。
体のバランスが悪いのが分かる。この高さで不安を感じる。

Img_2593

遠く、白山。猿ヶ山と三方山。
このあたりは電線の多い山である。

どうもバランスの悪さが、その気にならない理由のようだ。
三方山に迷うことなく下山。
1時間ほどの山歩きであった。

これでは、いやはや・・・・、
もう一山と思ったのが、八尾の祖父岳。
八尾の街を過ぎて、野積川沿いを行く。
新しい標識に従っていくと、谷折りではなく桂原側の登山口に着いた。

祖父岳は岩山であった。

Img_2599

その先の登山口からは、人工林をジグに登り、稜線上からは北上、少し進んで、頂上まではかなり急な斜面となる。尖山の夏椿峠からの急登を2~3個登るかんじ。

今回も1時間ほどの山歩きであった。ただ、バランス感覚が戻る。



帰路、道中、涼しげな場所に立ち寄った。

Img_2615

Img_2622

スピリチュアルな空間である。
写真に写せないことは多い。


ゆうゆう館で汗を流した。


花粉症、お薬。そのほか。
しばし、しっくりこない体調ではあったが、デトックスされた。
あわせて2時間ほどの山歩きだったけど、
「スッキリ!」




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 1日 (日)

妙義山:新緑と鎖

2016年4月30日

ゴールデンウイークは、おおよそ残雪山と決まっているが、本年は雪が少なく、食指が働かない。
本年は丁度、新緑の美しい時期と重なったので、新緑山にテーマを変更。丁度、「妙義山」ぐらいが良い季節。また、しばしユルめの山行が続いていたので、刺激も必要とも思う。

そのほか、「なんとなく」という最も有力な理由で、上州まで遠征した。実際、妙義山に心が決まったのは、長野県に入ってからである。

前泊し、朝7時丁度に妙義神社の鳥居をくぐった。

Img_2474

Img_2478

妙義神社で、平和と安全を祈願し、登山開始。
新緑が誠に美しい。

なんとなく、大の字を経由しない左側のルートをチョイス。

Img_2489

丁度、山ツツジが見ごろ。

奥の院から、いよいよ本格的な岩場となる。
ヘルメット装着。

ビビり岩で、緊張を高める。

戸隠山みたいな岩であるが、岩質は一つではない、複雑らしい。
ルート上は、凝灰質集塊岩っぽいところが多い。
8:30玉石通過。

Img_2494

立っては歩けないが、ホールドがしっかりしているので、難しくはない。

大のぞきからの下りは、手がかり少なく、鎖に頼る。

Img_2498

鎖に全く頼らないことをこの時点で断念。安全第一。

Img_2501

相馬岳には9:40着、その先にこれから向かう金洞山をとらえる。
ちょっと遠いね。
細かなアップダウンがあるので、時間がかかる。

それでも、新緑の気持ちの良い道である。

危険地帯鷹戻しの頭への登りに入る前、カメラをザックに収納したので、その後の写真はない。
よって、行程時間も不明。
鷹戻しの頭周辺は足場が少なく、鎖を頼りに腕力で下る場所があった。

ここを過ぎれば、その先の東岳、中之岳はさほど難しい場所はない。

サクサク下って、中之巌神社に13:15着。

Img_2506

ここからは一本杉を経て、最短のルートで、戻ることにする。

Img_2508

Img_2510

新緑が実に気持ち良い。
出発地に14:15到着。
最寄りの、妙義ふれあいプラザでお風呂を頂戴し、ゆったりと過ごした。

稜線上は危険なルートとして知られている。
岩というより「鎖」のイメージが強い。
上半身の筋力を使うケースが多い。
このため、前半、むやみに鎖に頼って、上半身(腕力)の体力を失わないことが肝要。
北アルプスであれば、梯子が設置されるような箇所も、「鎖」のみの設置。一般の登山者を受け入れる体制(その気)にはないことを念頭において、入山すべし。
セルフビレーの道具ぐらいはあったほうがいいかも。

自分としては、
変化があって、とても楽しかったです。


帰路、長野で高速を降り、白馬方面へと抜ける。
翌日は、雨飾山周辺をと思っていたが、冷たい雨が降り出した。風も強くなる見込み。
高所は大荒れであろう。
雪山装備も持参しているが、こんなときはおとなしく帰るのがベスト。
白馬で夕食をとって、帰宅した。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »