« キラズ山:すんなりとはいけない | トップページ | 雪のないお正月:歩きながら、ふと思いながら »

2015年11月 7日 (土)

古洞ダム・ねいの里:秋の里山めぐり

2015年11月7日

所用があって出立は遅れたが、融通のきく里山なので、ゆったりと出かけた。
ただし、富山西インターができてから、周辺の道路状況が変わってしまい、古洞の森までは、勘を働かせて運転した。

歩き始めたのは12:40、ダムの上を渡って、時計回りで周回コースに入る。

Img_1513_800x533
(ダム湖とは言わず、古洞池と呼ぶようだ)

Img_1516_800x533

(落ち葉の道を行く、気持ちよし)

Img_1519_800x533

(まず、長沢東城跡に立ち寄る)

こんなところに城があったのですね。すぐ下の街道をよく通りますが、存在を知りませんでした。

Img_1521_800x533

(D,E地区はこんな感じ)

かつて、命をはった人々がここにいたのだ。
周遊路に戻り、少し進むと長沢西城跡。

Img_1525_800x533

(のろし台とかあるのですね)

14世紀ごろの城のようですが、いずれ調査してみます。

周遊路の奥から高塚へと下りてゆく。


Img_1530_800x533_2

(竹林、人家ありと)

国道472号線を西に800mほど進んでから猫坂峠に上りあげる。
峠で道を誤り、平等へと下ってしまう。

Img_1536_800x533

(落ち葉たっぷりのよき道)

Img_1539_640x427

(分岐に戻り、地図を再度確認、現在地の点は実際とは違う)

よく見れば、わかることであったが、公園街道なるものを歩く機会を得た。

Img_1541_800x533

(いこいの村、芝生公園はパターゴルフ場となっていた)

閑散、
子供の数が減ってきたのは間違いない。

Img_1548_800x533
(ねいの里自然博物館は味わいが出てきました)

Img_1554_800x533

(ハンモック発見)

Img_1552_800x533

(見上げた風景、気持ちいい~)

ああ、このまま寝てしまいたい。


ただし、時計は14:45、暗くなる前に帰ろう。

時折、足をはやめて散策道を抜け、

再び国道を歩いて、竹林に分け入り、

古洞池周遊路を富山市天文台経由で、

15:50、車に戻った。ダッシュで歩けば1時間ほどです。


下山後は最寄りの古洞の湯で温泉を頂戴した。

2,050mの深さからくみ上げているとのこと、地中は熱いのだ。


今回の行程は13kmぐらいでしょうか?
中部北陸自然歩道の一部みたいですね。次回は長めのルートで。

|

« キラズ山:すんなりとはいけない | トップページ | 雪のないお正月:歩きながら、ふと思いながら »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/62634125

この記事へのトラックバック一覧です: 古洞ダム・ねいの里:秋の里山めぐり:

« キラズ山:すんなりとはいけない | トップページ | 雪のないお正月:歩きながら、ふと思いながら »