« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年11月の2件の記事

2015年11月 7日 (土)

古洞ダム・ねいの里:秋の里山めぐり

2015年11月7日

所用があって出立は遅れたが、融通のきく里山なので、ゆったりと出かけた。
ただし、富山西インターができてから、周辺の道路状況が変わってしまい、古洞の森までは、勘を働かせて運転した。

歩き始めたのは12:40、ダムの上を渡って、時計回りで周回コースに入る。

Img_1513_800x533
(ダム湖とは言わず、古洞池と呼ぶようだ)

Img_1516_800x533

(落ち葉の道を行く、気持ちよし)

Img_1519_800x533

(まず、長沢東城跡に立ち寄る)

こんなところに城があったのですね。すぐ下の街道をよく通りますが、存在を知りませんでした。

Img_1521_800x533

(D,E地区はこんな感じ)

かつて、命をはった人々がここにいたのだ。
周遊路に戻り、少し進むと長沢西城跡。

Img_1525_800x533

(のろし台とかあるのですね)

14世紀ごろの城のようですが、いずれ調査してみます。

周遊路の奥から高塚へと下りてゆく。


Img_1530_800x533_2

(竹林、人家ありと)

国道472号線を西に800mほど進んでから猫坂峠に上りあげる。
峠で道を誤り、平等へと下ってしまう。

Img_1536_800x533

(落ち葉たっぷりのよき道)

Img_1539_640x427

(分岐に戻り、地図を再度確認、現在地の点は実際とは違う)

よく見れば、わかることであったが、公園街道なるものを歩く機会を得た。

Img_1541_800x533

(いこいの村、芝生公園はパターゴルフ場となっていた)

閑散、
子供の数が減ってきたのは間違いない。

Img_1548_800x533
(ねいの里自然博物館は味わいが出てきました)

Img_1554_800x533

(ハンモック発見)

Img_1552_800x533

(見上げた風景、気持ちいい~)

ああ、このまま寝てしまいたい。


ただし、時計は14:45、暗くなる前に帰ろう。

時折、足をはやめて散策道を抜け、

再び国道を歩いて、竹林に分け入り、

古洞池周遊路を富山市天文台経由で、

15:50、車に戻った。ダッシュで歩けば1時間ほどです。


下山後は最寄りの古洞の湯で温泉を頂戴した。

2,050mの深さからくみ上げているとのこと、地中は熱いのだ。


今回の行程は13kmぐらいでしょうか?
中部北陸自然歩道の一部みたいですね。次回は長めのルートで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 1日 (日)

キラズ山:すんなりとはいけない

2010年11月1日

テレビでトンタッタ族を見ていたら、出発が遅れてしまった。
R41を南下するも、もたついているうちに、さらに時間が無くなった。
そのうち、唐堀山でなくキラズ山に気持ちは変わり、作業路入口から歩き始めたのは12:00丁度であった。

杉の林を進んでゆく。30分ほどで、作業道分岐に着く、笹津からここまでキラズ山を示す道標は一切ない。

Img_1461

(人工林を行く)


車を離れる時に山の本の地図とコースタイム(行程)をざっくり頭に入れていたが、この分岐を左ではなく右に進んでしまった。

Img_1462

(分岐を右に行くと、踏み跡などない)

位置関係ではこの先、奥まですすんで、コルに這い上がれば良いと、頭の中のナビは言う。いよいよ、道が荒れてきたので、這い上がることにした。

Img_1463

(踏み跡のようで、そうではないヤブを行く)

ヤブ漕ぎである。山ブドウのツルに何度も行く手を阻まれながら、35分ほどでコルあたりの稜線上に這い上がった。

そこからは、快適な登山道であった。

Img_1466

(ブナがいいねえ)

頂上手前の急登は、落ち葉で覆われ、這い上がるのに苦労する。アイゼンがほしい状態であった。

Img_1467

(頂上には13:30到着)

下山開始、落ち葉の下りを何度かしりもちをつきながら、下ってゆく。

Img_1473

Img_1481

(稜線上はきれいに刈り払われていた)

Img_1483

(しかも稜線上まで新たな林道が伸びている)

その先の稜線もきれいに刈り払われていた。
そのまま、さらに先に進んでみる。

Img_1485

(14:20、あれは1020.7mのピークか?この山は、猪谷側が人工林となている。)

まだまだ先まで道が続いている。

この先の鞍部からヤブ漕ぎして下ることも考えたが、ヤブが濃いので、引き返すことにした。

Img_1487

新しい林道付近からは、人工林の中を道を選ばず下って行く。

途中、立派なカモシカに出会う。

14:38に分岐に戻った。

Img_1489

(分岐、この道を左に行くが正規のルートのようだ)

下山後に、何冊かの富山の山の本を開いた。
稜線上の道は、最近整備されたようだが、本の記述や地図にいくつか矛盾があるように思う。

Img_1496

(美林ですね)

Img_1499

(なかなかですね)

Img_1500

(15:00、登山口に戻る)

Img_1503

(猪谷駅に立ち寄る)

細入では、さりげなく、ノーベル賞が祝してあった。

しかし、キラズ山、すんなりとはたどり着けない山でした。
3時間の行動でしたが、楽しかったです。


追記:今日は「富山マラソン」が開催された。
夜に運動する方法として、ランもあっても良いと思っている。ただ、下山時に少し走ってみたところ、すぐ膝に違和感を感じてやめてしまった。ほどほどが良いようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »