« 針ノ木岳ほか:扇沢ぐるり周遊 | トップページ | 蝶ヶ岳:娘と悠々 »

2015年8月30日 (日)

小佐波御前山:出会う人もなく傘をさして

2015年8月30日

先週は10時間ほどガッツリ歩いた後、2日連続で深酒をし、その後、体調がすぐれない状態が続いている。こうゆうことに関し、学習能力がない。

休んでいても、むしろ不健康だと思い。休養のつもりで軽い山歩きに出かけた。
生憎の空模様ながら、小佐波御前山なら傘でOK。

13時15分ごろ出発。

Img_0641
(猿倉山から平野部を望む)

Img_0646
(しっとりした雰囲気もなかなか良いものです)

傘をさして、気持ちの良い道を行く。

Img_0648

(しとしと雨が降り続きます)


ただ、やはり体調が悪く、途中、引き返すことも考えた。
それでも、なんとか頂上まで。
いつもなら1時間ほどの道のり、2割増しのペースであった。
酸素の濃度が低いのではないかとも思う。

Img_0650

(避難小屋で小休憩)

下りは、雨足が強まったが、里山の稜線上では問題とならない。

Img_0653

(風の塔の柱を撮ってみる、小屋との対比)

車には出発して2時間ほどで戻った。
帰りは「花の湯館」で良いお湯を頂戴した。


猿倉山のハイカーを除き、道中、誰とも出会うことはなかった。
ただし、カモシカと思しき獣が藪に潜んでいるのが分かる。
熊ではなかろう。
熊鈴を持参しなかったので、終始声を出しながら歩いた。
時には無茶苦茶な作曲・編曲をしながら歌を唄う。
なんだか癖になりそうで怖い。

|

« 針ノ木岳ほか:扇沢ぐるり周遊 | トップページ | 蝶ヶ岳:娘と悠々 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/62186429

この記事へのトラックバック一覧です: 小佐波御前山:出会う人もなく傘をさして:

« 針ノ木岳ほか:扇沢ぐるり周遊 | トップページ | 蝶ヶ岳:娘と悠々 »