« 船窪岳:小屋が目的 | トップページ | 小佐波御前山:出会う人もなく傘をさして »

2015年8月25日 (火)

針ノ木岳ほか:扇沢ぐるり周遊

8月23日

22日の午後に出発、小谷道の駅で温泉を頂戴し、白馬駅前で夕食を済ませる。
のんびり扇沢にむかって車を走らす。山間部に入ってニホンジカの群れとと出会う。
キツネもちょろちょろ。
今回は野生動物とよく出会う山行となった。

23日、未だ暗い中、出発する。
5時半ごろ、大沢小屋を通過。

Img_0561

(30分ほど進んで、雪渓に乗る)

雪渓の上は涼しくて気持ちが良い。
7:20、針ノ木小屋。小休憩。朝食。

Img_0568

(扇沢は雲の下、これから行く赤沢岳、鳴沢岳、爺が岳方面)
8:20、針ノ木頂上。

Img_0573
(黒部湖、タンボ平の上、立山は雲の中)

Img_0575
(左のピークがスバリ岳)

Img_0577
(今日、この日までズバリ岳だと思っていた)

道中、稜線上で野ウサギに出合う。
逆から来た登山者と挟まれ、右往左往する。
ハートの小さな生き物である。



10:05、赤沢岳。

Img_0585

(雷鳥さんも)

新越山荘にむかって下ってゆく。
花がきれいな場所が多い。

Img_0586

(小屋でも野生の動物が)

冷えたコーラを頂戴する。うめ~。

最近、山行中にお腹がすいてならない。
食べて、飲んで。

新越山荘から種池までは、とても気持ちの良い稜線が続く。

Img_0588
(ハイマツの尾根)

随所、草花も豊富。
ナナカマドの群落があったりして、秋は見事であろう。
良い場所である。ずっと歩いていたい。


良いテン場があれば、常駐したい場所である。

種池山荘には13:00に到着。ほぼ予定通り。

Img_0594
(牛乳のかわりに豆乳を投入)

Img_0595
(数あるペットボトルの中から、選ばれしカルピスソーダのふた)

このためにカルピスソーダを購入することもしばしば。
純正は、フタだけでこれより高価である。

13:15下山開始。最後に扇沢のターミナルまで登り返して、15:00丁度に自家用車に戻った。



木崎湖の温泉を頂戴し、富山駅前まで走らせて、約束の古い友人とビールを飲んだ。
忙しい一日であった。


毎週、山に入っているが、あまり体重が減らない。
妙に腹ペコで、食べてばかりである。

登る力も頭打ち。
所詮、こんなもんでしょうか。

でも、山は気持ち良い。

追記:古い友人と近況、そして近い将来について語った。
彼のように、削るような渾身の日常を送っていたとして、振り返ってみてどうであったろうか?本人が判断すればよいことではあるが、互いに思うところがある。
自分は反省ばかりのこれまでではあるが、それを公表することは、有利に作用しないことも知っている。
今の立場で、どのように社会に貢献するかについて考えたとき、多様な価値観を尊重しながらも、あるべきについてブレない自分を維持しなければと思う。

|

« 船窪岳:小屋が目的 | トップページ | 小佐波御前山:出会う人もなく傘をさして »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/62155295

この記事へのトラックバック一覧です: 針ノ木岳ほか:扇沢ぐるり周遊:

« 船窪岳:小屋が目的 | トップページ | 小佐波御前山:出会う人もなく傘をさして »