« 尾瀬:はるかな尾瀬 その2 | トップページ | 薬師岳:すこぶる »

2015年7月27日 (月)

天狗ノ頭:西穂からピストン

7月最後の週末は、実に良い天気。
土曜は事情があって、出立が午後となった。
長次郎谷からの剣岳も考えたが、雪渓の状況を調べる余裕がなく、今回はひとまず西穂山荘に幕営し、翌日は天狗ノ頭まで往復することにした。
あまりないパターンである。

天狗ノ頭(天狗岳)は岳沢からひと際目立つ岩塊で、標高は西穂より0.4mほど高い。


初日、急ぎ装備を整えて、鍋平まで車を走らせた。ロープウエイから降りたのは15時頃、西穂山荘には45分ほどで到着。

歩きやすい道。しかも登りなので、crocusで、

Img_0036
(自宅からこのまま)
真似しないでください。


幕営後は、生ビール、ビール。

何しに来たのか?(目的通りである)

Img_0043

(テン場周辺は花盛り)

バケットにチキンかつ、アジフライというシンプルな夕食を済ませ、早めに就寝。

テントは朝6時または8時半までに撤収せねばならいないので、明日は濡れたテントをたたむことになる。



2日目
最近、テン場での寝つきが悪い。
それでも、テントを撤収し、小屋の棚にデポさせてもらう。

3:40出発。ちゃんとした山靴5・10を履いて。

Img_0059

(ピラミッドピークから)

西穂高岳には5:30到着。
さらに行く。

Img_0075
(間ノ岳、ジャン、遠くに槍)

6:40間ノ岳
そろそろ岩のペイント(間ノ岳)が消えかけてきましたね。

Img_0089

Img_0095
(天狗岳の逆層スラブ、見た目ほど難しくはない)

天狗の頭には7:30着。

Img_0102
(天狗から見た・・・)

このまま、ジャンまで行って戻る時間はあるが、疲れが間ノ岳あたりで出そうである。
イヤダナ。


引き返すことにする。
ピークごとに小休止しながら、景色を楽しむ。
写真は載せないが、360度の展望である。

Img_0118
(帰りの独標で小休止、岳沢を俯瞰する)

実に良い眺めで、気持ちよし。
のんびり下る。

Img_0123_2

(下ってくるのは、もしや韋駄天K氏か!)

Img_0126

小屋では、テントを回収し、定番のラーメンを食す。
お昼すぎに小屋を離れ、タラタラと下った(何せ暑い暑い)。
鍋平の露天風呂で汗を流し、車は猛暑の下界をひた走った。

今回は、西穂からのピストンという、新しい(苦し紛れの)切り口を狙った。突破力があれば、日帰り周遊も可能なんだろうけど、もはやそのような力は望めないと思っている。
平衡感覚がどうもねえ、それでも工夫して自分なりに楽しみたい。

|

« 尾瀬:はるかな尾瀬 その2 | トップページ | 薬師岳:すこぶる »

」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
なんと日曜の昼頃、私も西穂山荘でラーメン食べてました!
どこかで、すれ違っていたかもしれませんね。
夏休みの西穂にしてはほどよい混み具合で、天気も良く、のんびり過ごせました。
山行については、ぼちぼちブログにアップしたいと思います。
ではでは!

投稿: カケヒ | 2015年7月28日 (火) 12時25分

>カケヒどの
コメントありがとうございます。
実に良い日でしたね。
写真の中に貴方らしき人物を発見したので、掲載しておきました。

ではまた。

投稿: shuntasan | 2015年7月28日 (火) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/61962389

この記事へのトラックバック一覧です: 天狗ノ頭:西穂からピストン:

« 尾瀬:はるかな尾瀬 その2 | トップページ | 薬師岳:すこぶる »