« 花の家:春、そして高峰山リベンジ | トップページ | 杁差岳:イチゲは残念、キスゲに期待 »

2015年6月 7日 (日)

大熊山:寝坊山

2015年6月7日

近頃、午後には山に雲がかかるようになり、
梅雨入り宣言は未だではあるが、それらしい気候となってきた。
そして、暑くなってきて、どの山に入るかすんなりと決まらないこの頃です。

今日は、4時間ほど寝坊して出発が遅れたが、予定通り大熊山に入ることにした。
10時頃、ゲート前から出発。
林道を行き過ぎて時間をロスした。

Dsc_0428_483
(小又林道から、細蔵山、大猫山。まだ空は晴れている)

登山道に入って、この山域特有の「いきなりの急登」と対峙。
山慣れていないと下りに時間がかかりそうである。

それでも立派な立山杉に感心しながら高度を上げてゆく。
45分ほどで、一番の巨木と対面。

Dsc_0437_485

(ガイド本によると標高980m地点らしい)

Dsc_0442_486
(巨木の存在感は写真に写せない)

木々が広葉樹中心になると、急登は終了。

Dsc_0446_487

(ガスの中に大熊山)

Dsc_0450_488
(間もなく山頂)

池塘にはサンショウウオの卵塊が、やがてここは気持ちの良い草原になる。

Dsc_0451_489

(熊の看板がよろしい。がおー)

頂上には12時20分着。
おにぎりタイム。
ガスで、丸山さえ見えない。



サクサク下って、13時50分に車に戻った。



熊の次、今年は、猿ヶ山、犬ヶ岳にも登っておこうか、
都合がつけば、赤牛岳も・・・。
急登大猫はいいや。


追記:番場島の山菜天ぷらそば、美味かったです。

|

« 花の家:春、そして高峰山リベンジ | トップページ | 杁差岳:イチゲは残念、キスゲに期待 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/61709712

この記事へのトラックバック一覧です: 大熊山:寝坊山:

« 花の家:春、そして高峰山リベンジ | トップページ | 杁差岳:イチゲは残念、キスゲに期待 »