« 大熊山:寝坊山 | トップページ | 雨飾山:雨を避けて選んだ山 »

2015年6月14日 (日)

杁差岳:イチゲは残念、キスゲに期待

2015年6月13日
杁差岳

例のごとく、行くあてもなく、日帰り~テン泊縦走まで、なんでもこい装備をパッキングし、出発の準備を整えていた。前日は、中アか南アに焦点を絞り、職場の同僚にもそう伝えて、帰宅したのだが、ふと飯豊山系の地図をみたところ、大石山の西に6月12-13日とメモ書きしているのを発見。

急遽、杁差岳に向かうことに決めた。

この周辺は、今は亡き三脚マンさんが愛した地域で、ハクサンイチゲの群落が見事な場所である。いずれ、彼がこのときに見た風景を自分も目に焼き付けようと決めていたのだ。

http://blog.goo.ne.jp/hm_nodo/e/6650cffc3fd370664c64c7613a9beebc
http://blog.goo.ne.jp/hm_nodo/e/575367814b46db8232576a5ebadf4f8d


しかし、遠い。これを言うと、都心や大阪の方から、ぜいたくだと言われるが、近くに山があるからこそ離れた山域は遠く感じる。
最近は、小さな文字が読めなくなって、夜間に田舎道を看板を見落とさずに走ることは簡単ではない。登山口までが、遠く危険に満ちている。



それでも、迷わずに奥胎内ヒュッテ前の駐車場にたどり着き、仮眠をとって4:40ごろに出発。この季節、4時ごろから明るい。

しばらくは、林道を歩いてゆく。
登山口までは自転車を利用する人が多いようであるが、登りの時間は徒歩とさほど変わらない。5:20ブナの森から足の松尾根に取りつくが、いきなりの急登である。

その名の通り、松の類が多い尾根である。松の根は滑りにくいが、下りではソールが引っ掛かり、ペースが上がらなかった。

時折、気持ち良い風が吹いていて、蒸し暑さはさほど感じなかった。

Dsc03704
(滝見場から滝を見る)6:40

陽が射してきた。

ヒドノ峰の窪地には雪が残り、周辺にはカタクリやイワウチワ、シラネアオイなんか咲いていて、来てよかったと「こころの中で叫ぶ」のでした。

ヒメサユリが咲き始めでした。

Dsc03719
(新潟で愛されています)

Dsc03722
(ナナカマドの向こうに北股岳や大日岳でしょうか)

Dsc03725
(振り返ると二王子岳、なかなかの存在感です)


8:05 大石山
烈風である。
この後、稜線上は終始、風が強かった。
杁差岳へと向かう。

Dsc03728

(振り返り見た飯豊連峰、縦走するれば気持ち良いのは間違いない)

Dsc03737

(杁差岳と避難小屋、小屋周辺の緑はほぼすべてニッコウキスゲ)

この群落が咲けば間違いなくすばらしい。


9:00、杁差岳。
避難小屋では、地元の方にお役立ち情報を頂戴した。
とても丁寧に対応いただき、その姿勢はとても勉強になりました。
(もっと早くお会いしたかった)


Dsc03739

(チングルマ)

Dsc03738

(ハクサンイチゲ)

実は、本年は花が早く、ハクサンイチゲの見ごろは過ぎていた。残念である。
大石山のむこうの群落も、花弁は多く残ってはいまい。

ハクサンイチゲは残念な状況で、三脚さんが見た風景を見ることはできなかったが、また来たいと思う。

9:30下山開始。




先も書いたが、松の根に不慣れで、下りは思ったより時間がかかってしまった。

Dsc03751

Dsc03754

Dsc03756

(デポされた自転車は計10台ほど)12:30

後で知ったのだが、本日からシャトルバスが運行されていたとのこと。

Dsc03762

(グリーンシャワーの中を行く)

下山後は、奥胎内ヒュッテでお風呂を頂戴した。
奥胎内、良い場所ですな。

さて、時間があるので、このあとは白馬まで、大移動。「繕」で蕎麦を頂戴し、下山、風呂、蕎麦を完結。

実は、翌日、もう一山登る覚悟であったが、白馬ではWiMaxxの電波が拾えず、明日のお天気情報を収集しあぐねていた。
夜の白馬駅周辺をぶらついて、明日は、チャリと決め、帰宅の途についた。


追記:今回、一眼はお留守番。軽量化の妨げとなっている。新たな軽量機種を探すのがテーマとなっている。

|

« 大熊山:寝坊山 | トップページ | 雨飾山:雨を避けて選んだ山 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/61743294

この記事へのトラックバック一覧です: 杁差岳:イチゲは残念、キスゲに期待:

« 大熊山:寝坊山 | トップページ | 雨飾山:雨を避けて選んだ山 »