« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の3件の記事

2015年4月29日 (水)

呉羽丘陵:ぶらぶら

2015年4月29日

良い天気。
寝坊。
よって、チャリで出かけて呉羽山・城山を縦走?することにした。
まず、チャリチャリで五百羅漢まで。

Dsc03637_2

(新緑、清々しい日和です)

12時丁度に出発。
呉羽山を真面目に歩くのは、40年ぶりぐらいです。

Dsc03643

(お懐かしゅうございます。)

その他、大伴家持の銅像、その他?、銅像、記念碑が立ち並ぶ。

Dsc03644

(良く手入れされた道が続きます)

一旦、呉羽丘陵多目的広場まで下り、

Dsc03646

(いよいよトンネルくぐって城山方面へ)

Dsc03648

(ゴマノハグサ科だというのは分かる)

Dsc03652

(かつての白鳥城の様子)

その後、里山らしいタケノコ山となり、何者かが竹林でバキバキと漁っている。
しばらく行くと、富山市ファミリーパークのフェンスに沿って歩く。

Dsc03655

(4叉路の看板。どちらを指すのか解釈に難儀しました)

古沢は古墳が多い地域。古沢塚山古墳は前方後円墳でした。

終点の御鷹台には、13時40分に到着。

Dsc03657
(立派な公園です。誰もいません)

Dsc03660
(この先は高速道路で寸断されています)

来た道を引き返す予定でしたが、500mLのペットボトルはEmpty。
杉谷に下って、ポカッリを一気飲みして、一般道を北上。
ファミリーパークで登り返し、朝日の滝まで下る(トンネルを使えば直ぐの場所であった)。

Dsc03664
(残念な状況であった)

その後、金屋、寺町の山沿いの道を拾いながら、呉羽丘陵多目的広場へ。

Dsc03669


五福・安養坊の住宅街を抜けて、五百羅漢に戻ったのはたぶん15時半ごろ。

Dsc03670


夏日の暑い一日でしたが、新緑が誠に気持ち良い。
散策には実に良い一日でした。
5月以降は、涼しさを求め、標高を高めることになります。


帰りは街中をブラチャリ。山風のあやしいチャリおやじであった。

続きを読む "呉羽丘陵:ぶらぶら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

残雪やまとチャリチャリ

天気の良い日が続きます。
このまま、連休に突入でしょうか?




立山登山はビーコンの携帯が義務化されました。
どうせならスコップほかも義務化すべきと思いますが、当面は他へ行くことにしました。

結果、2週続けて、残雪山:美女平と天蓋山。
25日はブラチャリ。
充実した休日でした。

Dsc_0201_391

(立山杉を見に行く)

Dsc_0233_392

Dsc_0250_394

(ブナの根開き、影)

静かな山歩きでした。



翌週は天蓋山

Dsc_0269_395

(雪解けが進み、沢が顔を出していました)

Dsc_0277_398

Dsc_0280_397

Dsc_0287_399

(実に気持ち良い)

Dsc_0292_401

(最後の登り)

Dsc_0298_402

(眺め良し。遠く剣岳まで。本年、稜線上の雪は少ないようです)

また別の機会に参ります。

26日
ブラチャリ日和

今回は、かつての富山地方鉄道射水線をなぞって、海王丸パークまで。
出発点の新富山駅から北口駅までは、普通の道路で線路の面影はない。

田刈屋あたりで、バス専用道になっていたころの痕跡を発見。

Dsc_0309_403

Dsc_0310_404_2
(新緑が気持ち良し。来てよかったと思う)

八ケ山駅、百塚駅あたりか?

Dsc_0312_405

(幼少のころ、この階段を上り、公園へ遊びに行った記憶がある)

その後、射水線跡を見失い、記憶を頼りに鯰鉱泉の近くで再発見。

海沿いを行く。

Dsc_0320_408

Dsc_0321_407
(灯台の?くん)

Dsc_0330_411

(エレベータで大橋に上がる)

Dsc_0333_413

(大橋の下通路の様子)

Dsc_0334_414

(橋の下を480mほど歩く)

Dsc_0336_415

Dsc_0349_417

(街灯を主役にしてみる)

Dsc_0353_418
(海王丸と銀河丸)

Dsc_0356_419

(帰りは渡し船で)

万葉線のドラえもんトラムを撮り損ねました。

Dsc_0372_420

(渡し船は無料、大橋利用とセットの周遊がおすすめ)

Dsc_0380_421

(前も撮ったようなアングル)

Dsc_0383_422
(ヘラオオバコ(外来)、ハマダイコン、ミヤマキンポウゲ 妙な組み合わせ)

Dsc_0386_423
(稲荷神社から五福へ下る道)

Dsc_0391_425
(ケヤキの新緑がまぶしい)

新緑のきれいな、実に良い季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

ブラチャリ連荘:ハルですね

その後2週連続で、山に入れず、ブラチャリで休日を楽しむ。
昨年から、アルコールを止めないと、山に入れる体調を維持できないと感じている。
たいていの会合が金曜というのもいやハヤ。

今年は、桜が開花したあと寒気が入り、例年より長く桜の花が楽しめる。

4月4日
いたち川沿いの桜並木。


古い友人たちとの昼食を済ませ、彼らとの15年ほど前のことを思い出す。
大きな責務のもと、いかに前進し、困難を克服して変革をもたらすかに邁進していた。
そのモチベーションは「責任感」で保たれていた。

結局は、子供たちと過ごす時間の多くを失ってしまったけど。

Dsc_0145

小さな価値観が支配するなか、あれは徒労だったのだろうか?
たぶん答えはもっと後になってからわかるのだと思う。


4月12日
降水確率は0%。
今日は、県西部へぶらり。

Dsc_0164
(常願寺川河口、冬は厳しいロケーションだが、今日は穏やかなハル)

Dsc_0168
(目をこらすと能登半島)

Dsc_0172
(富山湾岸サイクリングコース、朝日39km、氷見46kmの地点らしい)

剣、毛勝三山、僧ヶ岳、白馬、朝日岳のパノラマを楽しむ。

生地の「清水」をいくつかめぐる。
透明な水路の水は、得難い財産だと思う。


黒部川をこえ、入善漁港。
水橋漁港からここまで、いくつもの漁港、防波堤、
大小の河川があって、海や川とのせめぎ合い。

Dsc_0182

(唐突に現れた黒部川扇状地湧水公苑)

沢杉までと思っていたけど、13時になったので、その少し前で引き返す。
これまで真面目に漕ぎ続けたのと、シャリバテでペースが落ちる。

ブラチャリペースに変更。

Dsc_0184
(経田駅、ひさしぶりに電話ボックスを発見)

レトロな地鉄の駅巡りも楽しいものです。




魚津の家系ラーメンを食したあとは、気の向くまま・・・。

Dsc_0195

Dsc_0197

(三郷駅の看板は歴史を感じます。タイムスリップ)

地鉄のレトロな駅舎は、
知る限りの古い記憶がそのままにある。
ここまでくると貴重な文化財ですね。




ここしばらく、
ブラチャリの日々である。

悪くはない。

というより、実に良い。

似たような連中も走ってる。


古い施設や、文化、風土に触れながらも、
人々の生き方は着実に変わってきていて、
これまで通りの考えややり方は通用しないということを
どのように伝え、全体をコーディネートするかである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »