« 白鳥山:落ち葉山 | トップページ | 千石城山:スノーシュー試し »

2014年11月30日 (日)

小佐波御前山:舟倉用水を歩く

2014年11月30日

小佐波御前山


何かとあって山に入れぬが、全身が鈍ってきているので、少しは汗を流さねばと出かけたのが小佐波御前山である。ここなら、装備に気付かうこともあるまい。

お昼、12時半ごろに出発。
猿倉山ですでに息切れ状態で、先が思いやられる。
それでも、山歩きは楽しい。

Dsc03582

とても良い道である。


てくてく歩いて、1時間ほどで頂上。
小屋を覗いたあとは、芦生側に下ることにする。

急な斜面を下ってゆく。

落ち葉が滑って、歩きづらい道のりである。

Dsc03586

途中、突如、銀杏の落ち葉。
周辺にはシャガの群落。

かつて、このあたりには集落があったのだろう。

今生津と芦生の分岐を右に行き、さらに、沢沿いに下ってゆく。
なかなか良い場所である。

Dsc03590

コンクリート道の舟倉用水へと飛び出す。
ここまで、頂上から1時間ほど。

しばし、用水の上を歩くが、時折隧道となる部分では、急峻な谷側の細道を行く。
木々の葉が落ちているので、なかなかの高度感を楽しむことができる。

Dsc03594

時折、改修されているようで、上の写真は現在使用されていない。隧道。

Dsc03596

最後の隧道の出口は、こんな感じ。




Dsc03598

歴史を感じことができました。


猿倉山の駐車場まで登り返し。

3時間ほどの山歩きとなりました。

用水を築かれた大変なご苦労を思いながらの、山歩きでした。

|

« 白鳥山:落ち葉山 | トップページ | 千石城山:スノーシュー試し »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/60739530

この記事へのトラックバック一覧です: 小佐波御前山:舟倉用水を歩く:

« 白鳥山:落ち葉山 | トップページ | 千石城山:スノーシュー試し »