« 双六小屋:ピーク踏まず、未だリハビリ中 | トップページ | 南岳北方稜線:勝手に命名 »

2014年7月30日 (水)

前穂高岳:ジャン周遊はまたの日に

2014年7月25-26日

ここ数年、この季節に岳沢に幕営し、天狗沢からジャン・奥穂周遊するのが楽しみになっている。本年も、上高地に入った。

Dsc03235

(平日早朝の上高地は、空いている)

Dsc03246

(天狗沢の上部は雲)

険悪な雲ではない。

いつものように早々に幕営し、ブラブラ散策したり、小屋で昼食をとったり、ゴロゴロしてみたりではあるが、日差しが強く、暑い。雨傘を日よけにしてみる。

Dsc03254

(傘と、雲と、ハエ)

26日
早くから目覚めたが、
今回のジャンは見送ることにした。

Dsc03256

(テントから見る霞沢岳、乗鞍、焼岳)

前穂ぐらいには登ろうぞ。

Dsc03259

(陽が高くなり、明神の影も小さくなってゆく)

Dsc03262

(本当ならあの頂に立つ予定であったが、悔いはない)

Dsc03263

(こうしてみると天狗のコルって標高が高いのですね)

8時少し前に前穂頂上。

Dsc03269

(前穂頂上から吊尾根と奥穂高の山々)

Dsc03273

(涸沢にはたっぷり雪、槍もよう見えるわ)

下山開始

Dsc03276

(途中、間ノ岳と天狗岳を撮る)

見る角度によって全然違った山に見える。

Dsc03280

(10時頃、テン場に帰還)

暑っ~。
もはや、ここでのんびりする気は無い。

昼食を頂戴いして下山開始。
山番組のクルーと遭遇、一瞥して河童橋まですたこら。

上高地で26℃。平湯30℃。

20140726141439_2

温泉のあとの、蕎麦、ノンアルコールビール

これがあるからやめられません。

|

« 双六小屋:ピーク踏まず、未だリハビリ中 | トップページ | 南岳北方稜線:勝手に命名 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/60064490

この記事へのトラックバック一覧です: 前穂高岳:ジャン周遊はまたの日に:

« 双六小屋:ピーク踏まず、未だリハビリ中 | トップページ | 南岳北方稜線:勝手に命名 »