« 下丸沢:たっぷりと水分を含んだブナの森 | トップページ | 奥穂高ジャンダルム:今年の岳沢周遊(2日目) »

2013年7月24日 (水)

奥穂高ジャンダルム:今年の岳沢周遊(1日目)

2013年7月20-21日

岳沢周遊



例のごとく、直前までどこの山に入るか決めていなかったが、「休息と適度な緊張」を求めに、岳沢に入った。
昨年はすっきりしない天候の中、同じ時期にこのルートを歩んでいる。

20日

神岡の道の駅で目覚め、アカンダナ駐車場から上高地に入った。思ったより山に入る人は少ないようだ。
登山道から見える西穂沢では、ニッコウキスゲの群落が開花盛期を迎えようとしていた。

明日、通過予定の天狗沢の雪渓の様子を観察する。

Dsc_0734_145
(最初の雪渓は左から巻けばよい。アイゼンは最後の数百メートルで必要)


2時間ほどで岳沢に到着、まだ9時前であるが、今日はのんびり休息をとるのである。
テントでお昼寝。

小屋で昼食を頂いたあと、天狗沢へお散歩である。

Dsc_0756_148
(ハイジの気持ちである。ラリホー)

Dsc_0773_150
(奥明神沢はずいぶん上まで雪渓がつながっている)

Dsc_0789_153

(さらに上部に進む。天狗岩がかっこいいねえ)

Dsc_0791_154

(明神もいいね~)

Dsc_0793_157
(どこもかしもよろしい)

小鳥のさえずりも心地よい。
うぐいすの声が多い。日本である。

Dsc_0810_160_2
(雲と虹がおもしろい)



2時間ほどぶらついて、テン場に戻る。
天狗沢にはお昼寝に適した場所が無かったのだが、テントの傍にはお昼寝に適した大きな岩があった。この岩を「お昼寝岩」と命名。
岩と同化する。

Dsc_0820_161

(吊尾根から延びる雲)

Dsc_0837
(飽きない雲の動き)

Dsc_0829_140

Dsc_0839_165

(雲ばかり見ている一日であった)


岩の上で聴いたアルバムはSarah McLachlanであった。

早々に就寝。

明日はジャン、つづく

|

« 下丸沢:たっぷりと水分を含んだブナの森 | トップページ | 奥穂高ジャンダルム:今年の岳沢周遊(2日目) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/57851029

この記事へのトラックバック一覧です: 奥穂高ジャンダルム:今年の岳沢周遊(1日目):

« 下丸沢:たっぷりと水分を含んだブナの森 | トップページ | 奥穂高ジャンダルム:今年の岳沢周遊(2日目) »