« 山に入れなかった理由 | トップページ | 雲の流れを眺めながら:Flower »

2013年5月 6日 (月)

前穂高岳・西穂高岳:岳沢から

2013年5月3~5日

GW後半、どこへ行くか最後の最後まで決まらなかった。
先のまとまった量の降雪は、雪崩のリスクを高めている。
一方では、気温が低く、融けた雪が程良く引き締まっているらしい。
5月2日の岳沢小屋のブログ情報は、奥明神沢の状態は良いとのこと、どうやら北アルプスも北部と南部では雪の状況が異なるようだ。

前夜、天泊装備と日帰り装備をそれぞれパッキングし、自家用車に積み込んだ。
早起きできたら、日帰り装備で新穂から槍ヶ岳方面、朝寝坊したら、幕営装備でアカンダナ駐車場から上高地、岳沢方面と決めて就寝。

初日 5/3

なんだか、寝付かれず(予想通り)、結局、河童橋から穂高の山々を見上げることになる。

Dsc_0261_095
(ここからジャンは見えないのか?ちら見している黒いのがそうか?奥穂と南陵の頭ってあんな近かったっけ?馬の背ってあんなに長かったっけ?)

雪が付くと、起伏が明瞭になって、これまで気にならなかった尾根やピークの位置関係が気になり始める。

岳沢まで2時間ほどでしょうか?

途中からは沢沿いのルートを西穂高岳の山並みを眺めながら標高を上げてゆく。

Dsc_0311_089

(天狗沢、天狗岩ってかっこいい)


滝沢側の良い場所を指定してもらい、幕営。
午前中から、ビールを飲んでまったりと過ごす。休息に来たのだから、これで良のだ。

どんどん、テントが増えてゆく。大方が、アルパインな方々、そんな、場所なのである。

近くでは、学生さんや山の会の方々が熱心に雪中訓練をしている。学生さんたちは、半日、雪と戯れていた。
ええですなあ。

天気の良い一日でした。

Dsc_0334_088

(右の沢が奥明神沢、真ん中が重太郎新道の尾根、左が大滝)

 

Dsc_0284_092

(大滝から上部、一直線に吊り尾根へ伸びているが、なぜか誰も登らない。)

2日目 5/4
やがて天気が崩れるという予報。されど、朝は良い天気。
雪が締まっている間に、登っちゃいましょう。
6:00頃、奥明神沢を登り始める。
真っ直ぐに明神岳と前穂高岳の鞍部に伸びているこの沢は、夏は藪に覆われ近寄ることはできないが、この季節はここを登ってくれよという存在感がある。

真っ直ぐ登って曲がり角を左に斜上する。
ステップが切ってあるので問題は無いが、ここから先、真っ新カリカリだったら、良いアイゼントレーニングになりそうである。

 

のんびりと登らせてもらう。

頂上は、風が強く長居できない。涸沢を直上する数珠つなぎの登山者たちが見えた。

Dsc_0371_084_2

(前穂頂上から見た北尾根とその向こうに常念、大天井)

Dsc_0412_083_2

(振り返り見た奥明神沢)

そそくさと下って。11時にはビールを買って、テントの中でまったりと過ごした。やがて、粉雪が舞い、みぞれが降り始めた。

 

3日目 5/5

今日は、西穂高沢から西穂高岳という予定である。当初、テントを撤収して、西穂沢出合いにデポすることを考えていたが、テントが昨晩のみぞれでパリパリに凍っていて、畳む気にならなかった。
6時半頃、出発。西穂沢に入ってから、しばらく行くと陽が当りはじめる。暑い。
上着を脱いで、約2時間で稜線へ這い上がる。その間に、気温は上昇し、すいぶん雪も緩んできた。

西穂高岳・山頂、登山者が多いのに驚く。西穂山荘から稜線を踏破してきた方々で、今やアイゼン・ピッケルの山歩きはポピュラーな山の楽しみ方になってきたのだと感じた。

Dsc_0441_081

(来た西穂高沢、そして向こうには昨日の奥明神沢と前穂高岳)

実に良い天気。眺めは最高である。

Dsc_0453_080

(定番であるが、奥穂方面、一番高いのはジャンか?涸沢岳、南岳、大喰岳の向こうに槍の先っちょ)

 

大急ぎで下ることにする。かなり雪が、緩んできている。
膝まで潜る腐れ雪である。はよ、降りたい。
終盤の4分の1ほどはシリセードで、あっという間であった。(ズボンの寿命を縮めてしまった)

11時前に、テントに戻り、コーラで乾杯。
良いお天気、のんびりと撤収作業を楽しみました

Dsc_0476_099

(数日のうちにここの雪は融けるだろう。森が息吹いている)


河童橋では、観光客に圧倒され、早々にバスにて脱出。

平湯の森で、お風呂、ざる大盛り、ノンアルコールで完結しました。

だから山はやめられません。

追記:

・雪山の天泊装備、岩稜歩きで一眼レフはかなりのお荷物です。スモール・ライトを研究してみます。
・西穂沢で3度、こぶし大の落石に遭遇。ヘルメットは必携だと思う。休憩中はザックを盾に、上部を見ながら休むという基本がありました。
・雪が落ち着いた頃に(来週?)、また行きたいものである。

                                

|

« 山に入れなかった理由 | トップページ | 雲の流れを眺めながら:Flower »

」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
5月3日は、稜線を挟んで反対側にいらっしゃったのですね(私は飛騨側)!いつものことながら、リラックスして山を満喫する姿勢と、アーティスティックな写真、素晴らしいです。羨ましい!

話は変わりますが、5月8日の朝、穂高岳山荘直下の白出沢で、山スキーをしていた高山の医師が落石による滑落でお亡くなりになりました。HPには素晴らしい山行の数々がアップされており、自分も参考にしていたので、とても人ごととは思えず、本当に残念です。
大切な人のためにも、どんなことがあっても、命だけは守っていきたい、と心から思いました。
長文、失礼いたしました。

投稿: カケヒ | 2013年5月 9日 (木) 13時00分

カケヒどの

Drの件、自分も承知しております。
最後の書き込みは、
「そんな感じで精一杯仕事しながらも、時々山の状況に心が飛んでいる自分がいたりする。」
とありました。
誠意に社会に貢献されながら、山を存分に楽まれる生き様は、「あこがれ」でありました。

実に残念です。

されど、山・日常とはそんなものだとも思います。かたちあるものはいずれ・・・。あとは水面にどのような波紋を残すのか。
生きるという意味で濃密でありたいものです。

心より、ご冥福をお祈りします。

お互い、正しく判断し、山を楽しみましょう。
(3日は寝坊していなければ、同じコースでした)

投稿: shuntasan | 2013年5月 9日 (木) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/57320726

この記事へのトラックバック一覧です: 前穂高岳・西穂高岳:岳沢から:

« 山に入れなかった理由 | トップページ | 雲の流れを眺めながら:Flower »