« 高落葉山:ブナの尾根歩きが気持ち良い | トップページ | Natalie Duncan »

2013年1月27日 (日)

赤岳:おひさしぶりの

赤岳

2012年1月19・20日

冬らしい曇天の日々、お天気山を求めて八ヶ岳に向かう。
同行者のリクエストで赤岳となった。
久しぶりに赤岳鉱泉、アイスキャンディーと美味しい夕食。お久しぶりである。

赤岳は3-4回目?のようであるが、冬しか登頂したことがない。
夏の小同心・横岳は、硫黄岳側から下っている。


19日
暗いうちに出発。
予定通り、松本市内は青く晴れ渡っていた。

Dsc_0003_033a
(諏訪湖は真ん中を除いて結氷、釣り小屋?まで船が運行していた)

冬にこの地域に訪れるときは、車のウインドーウオッシャー液を濃くしておかないと、大変なことになる。フロントガラスが、融雪剤で真っ白になっているのに、凍ってウオッシャー液を出せないということになる。

山中はテルモスも必携。北陸の低山なら、必用ない。

茅野は、いつになく積雪があった。
曲がり角に戸惑う。この街も、少しづつ変化している。


美濃戸口から、てくてく歩いて鉱泉まで3時間ほど、
四駆なら美濃戸まで入れるが、このためだけに燃費を犠牲にできない。

上部は雲がかかり、寒々しい。
到着後は、どこかで雪中訓練でもしょうかと思っていたが、寝不足を解消したい。
昼を過ぎたばかりであったが、チェックインしてお昼寝、まったりと過ごす。


夕飯は、いつものように豪華であった。
満員御礼。さすが赤岳鉱泉。




20日

小屋の朝食を食べていては、渋滞に巻き込まれる。
暗いうちに歩き始める。

地蔵尾根から、朝日を浴びる阿弥陀岳を眺めながら。高度を上げる。
快晴。
実に、良い日である。


雪の状態も良く。いつもより、スムーズ。

お地蔵さんこんにちは。お久しぶりです。

Dsc_0021_041a

(ただし、いつものように稜線上は烈風)

びゅうびゅう。ばふ~。

Dsc_0035_040a

(赤岳頂上の人々)

お参りしているようです。

Dsc_0039_042a

(赤岳から見た阿弥陀、人がいるいる)

北稜の岩の下に集団。
雪の状態が良ければ、左から巻けそうである。

この角度からの阿弥陀岳、レーゲーおじさんの横顔に似ている。

Dsc_0041_039a
(権現岳の向こうの北岳、甲斐駒、仙丈)

ささっと下る。
若いグループが楽しげである。いいなあ。
おぢさんも仲間にいれてほしい。

対抗して娘を連れてきたいが、末端冷え性なので、冬は連れてこれない。

Dsc02061a
(主稜に取りつく人たち、待機時間が寒そうである)

小屋やテン場があって、アプローチも良い。
八ッは冬の雪山遊びに絶好の場所でござる。

お天気さえよければね。

Dsc_0051_037a

(行者小屋前から見た阿弥陀岳)

次回はテントにしよう。

Dsc_0057a
(大同心と小同心の間をズーム、2名ほどおるぞ)

ここも面白そうである。もう少し雪があるとなお良い。

Dsc02065

(最後にキャンディーを撮って、下山)

13時半頃に車を拾って、いつもの「もみの湯」へ、
その後は蕎麦を求めて、蓼科方面へ、
ざると馬刺しで満足感を大いに満たした。

良い山でした。


追記:
・もう少し、がっつりいきたいねえ。(体がなまっているけど)
・今年も、会議のシーズンに突入。夜の会合も増える=山に入れないことになる。
春の大きな仕事を済ませたら、諸般を整理して、このパターンを変えてみようと思っている。
・すでに役割は果たしたと考えている。理解されないがね。

|

« 高落葉山:ブナの尾根歩きが気持ち良い | トップページ | Natalie Duncan »

」カテゴリの記事

コメント

冬の八ヶ岳、いいですね!いつか行ってみたいです。
青空が恋しい・・・
年度末、体調にはお気をつけて下さいませ!

投稿: カケヒ | 2013年1月30日 (水) 13時02分

>カケヒどの
コメントありがとうございます。
八ヶ岳は冬型でも晴れることが多く、標高もそこそこで気温が低く、カリカリ、実に楽しい場所です。
多くの人が思い思いに山を楽しいでいます。

何より、この地域、山と温泉と蕎麦が最高レベルです。
移住したいくらいですよ。

富山からは諏訪SAまで3.5hr、日帰りも可能な範囲です。問題は、時に寒すぎるのと、人が多いことでしょうか?

ぜひに。

では。

投稿: shuntasan | 2013年1月30日 (水) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/56626369

この記事へのトラックバック一覧です: 赤岳:おひさしぶりの:

« 高落葉山:ブナの尾根歩きが気持ち良い | トップページ | Natalie Duncan »