« 「北アルプスの渓谷をゆく」;ゆきたいものである | トップページ | 乗鞍岳:仲間たちと秋を楽しむ »

2012年10月10日 (水)

南岳:彷徨しここへ戻る

2012年10月6-8日

今年の紅葉はすばらしいとの情報、昨年のこの3連休の穂高界隈は大変な混雑であった。間違いなく、今年も激しく混雑する。
混雑を避け、紅葉を楽しむこと、そしてゆっくり休息をとることを念頭において山に入った。

6日
午前中に所用を済ませ、パッキングして車を走らせた。
途中、食料を入手し、アカンダナ駐車場から15時50分のバスに乗って、上高地に入った。この時間になれば、アカンダナ駐車場も必ずスペースが空く。バスもスカスカ。

上高地で夕食に弁当を購入し(この時間は半額セール)、小梨平で幕営。早々に就寝するが、夜遅くまで宴会をする山の会がいて眠れなかった。甲高い声が静かな上高地に響いていた。休息に失敗。


7日
5時半頃、暗い中を出発。徳澤をはじめ、通過するテント場はいずれも溢れんばかりの混雑であった。ババ平は、河原にもテント群が・・・。昨日は無理に先に進まなくて正解であった。
紅葉は大曲付近から見頃で、天狗原分岐がピーク。スバラシイ。

Dsc_0487_098_800x531
(大岩から振り返る槍沢、大曲あたりからグッと濃くなっている)

分岐の先のトラバースで、ナナカマドのバンドを横切る。

Dsc_0507_087_800x531

(少し傾いてみる)


ナナカマドが実に鮮やかである。
標高が低い場所では、斑点病やら霜害でこんなに鮮やかにはならない。


写真ばかりで先にすすまないが、
天狗原に乗り上げる。

これですよ、今回の目的の1つはこの風景を楽しむことにある。

Dsc_0520_088_800x531

(岩と紅葉)

ナナカマドの写真をこんなにたくさん撮ったのは、これが初めてである。

Dsc_0523_800x531
(ツバメ岩って屏風だったのですね)

Dsc_0528_086_800x531
(氷河公園、天狗池周辺に人々が)


天狗池に映る逆さ槍を見てみたいと思っていたが、槍はガスの中であった。

Dsc_0535_090_800x531
(逆さ山屋さんたち)

ガスが晴れる見込みなしと判断し、先にすすむ。
この時点で12:00。写真を撮りながらゆっくり進んでゆく。



ゴーロを登ってゆく。
横尾尾根のコルから横尾右又を俯瞰する。

Dsc_0549_091_800x531
(紅葉のピークは間もなく屏風岩基部まで届きそうである。)

岩尾根を登ってゆく。風が冷たく、視界もきかない。気温は4℃ほど。汗をかかぬようゆっくり登ったが、この時点で歩荷力の衰えを知る。本年は、深い山に入っていない。

南岳稜線上には雪が残っていた。14:20に南岳小屋。この区間、地図より時間がかかってしまった。
前日、涸沢のテントは1000張りを超えたとのことであったが、南岳ではスペースに不足することは無かった。

17時ごろ、いつものように一瞬ガスが切れた。
この瞬間のためにここまで来たのである。

Dsc_0575_095_800x531

(大キレットと穂高の山々)

「荘厳」という言葉しか思いつかない。
感動、涙腺が緩む。

Dsc_0583_092_800x531

(沸き立つ雲)

Dsc_0581_800x531

この風景を見るためにここに帰ってきた。

Dsc_0622_094_800x531

(夕日の最後の一瞬)

夜はテントの中も氷点下。空は晴れ、星たちに照らされた夜であった。



8日

最終日。
登山計画では、槍を経由して新穂に下りる予定であったが、寝坊して出遅れてしまった。明るくなってからテントを撤収し、7:00に新道から槍平へ下った。


登山道の所々、岩が凍っていて滑らずに歩くのが困難であった。慎重にゆっくりと。

Dsc_0668_097_800x531
(凍てついた道)


こんな時、稜線上の岩稜帯を歩くものではない。
技術でカバーできない領域だと思う。

こんな感じで、時間はかかったが、
槍平からは足を速めて、新穂11:55のバスに搭乗し、平湯へと戻った。


下山後は、前回と同様にバスターミナル3Fの湯で温泉を頂いた。いつもの「平湯の森」は大変な混雑。入るのを控えます。


追記:
・テントでまったり過ごすことができず、休息とはならなかったが、紅葉を楽しみ、そして荘厳な一瞬に出会えて、実に良い山となった。
・うまく、混雑を回避しながら山を楽しむことができた。天候もおおむね良好。ただし、本年は力が弱く、先にすすむという達成感に乏しい。山を本当に楽しむには、時間と鍛練が必要である。

|

« 「北アルプスの渓谷をゆく」;ゆきたいものである | トップページ | 乗鞍岳:仲間たちと秋を楽しむ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/55857171

この記事へのトラックバック一覧です: 南岳:彷徨しここへ戻る:

« 「北アルプスの渓谷をゆく」;ゆきたいものである | トップページ | 乗鞍岳:仲間たちと秋を楽しむ »