« 南岳:彷徨しここへ戻る | トップページ | 新湊:秋晴れのみなと »

2012年10月15日 (月)

乗鞍岳:仲間たちと秋を楽しむ

乗鞍岳

2012年10月13日

仲間たちと秋の山を楽しむ約束である。

お天気、紅葉の状況、参加者の経験を総合的に判断して「乗鞍」を選んだ。


始発のバスにわずかに乗り遅れ、乗鞍高原の駐車場からはタクシーに分乗した。
いきなりの2700m、風が冷たく、一同、畳平で衣服を整える。
だだし、良い天気、心配していた雪や路面の凍結も無く、良いコンディションである。

Dsc_0693_700x465

(肩の小屋から上を目指す)


天気よし。雲無く、遠方の山々を見渡すことができる。


Dsc_0710_700x465

(山頂付近から北アルプスを)

穂高の山々、槍、源流の山々、焼岳は煙を。
野口五郎も見えるのですね。

乗鞍は頂上付近に観測所やら道路があったりして、普通の3000mとは、水準が異なる山である。


頂上から来た道を戻り、
肩の小屋から下山開始である。
今回の山行は、基本、下りばかりである。

先の冷え込みで、上部の紅葉はジ・エンドであったが、位ヶ原から下は、生気を保っていた。

Dsc_0724_700x465

(ダケカンバと紅葉)

Dsc_0739_120_700x465

(冷泉小屋前の美しき)

サクサクと下ってゆく。

 

Dsc_0750_700x465

(針葉樹の密度が増してくる)

三本滝は、名前のとおりであった。


下山後は、「湯けむり館」で白いお湯を頂いた。
良いお湯で、いつまでも浸かっていたい。硫黄の臭いが体に染みついて、最高である。
この酸性硫化水素泉は、白骨温泉側の湯川上流から引湯している。

追記:
・山の経験が様々な仲間たちと、同じように3000mから下って、秋の深まり具合を逆の時系列で観察することができた。楽しい山でした。
・下山後に「ざる」が食べられなかったのは残念であったが、お湯は最高であった。
・このお湯、ずいぶん昔に入った時は乳白であったが、今回もちゃんと乳白であった。

そのうち、文章を書き足します。

|

« 南岳:彷徨しここへ戻る | トップページ | 新湊:秋晴れのみなと »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/55891407

この記事へのトラックバック一覧です: 乗鞍岳:仲間たちと秋を楽しむ:

« 南岳:彷徨しここへ戻る | トップページ | 新湊:秋晴れのみなと »