« 金山・天狗原山:ブナの急登すばらしいお花畑 | トップページ | 飛騨路:ドライブって »

2012年9月11日 (火)

龍王岳:秋めいてきました

龍王岳
2012年9月8日

知人と山に入ることになった。
彼は山の経験に乏しいものの、一の越までそこそこのペース、基礎体力は高い。彼なら大丈夫。

ただし、昼過ぎには、黒部湖側に抜けないと、彼の帰宅が遅くなってしまう。


雄山は渋滞気味、それならばと浄土山方面へと足を進める。


明瞭なピークを踏んでおくことが、将来に生きるはず。
龍王のピークはもってこいの達成感と展望を与えてくれる。

Dsc_0220_800x531
(龍王好きである)

頂上では、もう一歩のところで雲に覆われてしまう。

後は室堂山側に下った。

Dsc_0233_800x531
(イワイチョウの黄葉がすすんでいる。確実に秋)

仲間と別れたあとは、昼食をとって付近を散策する。
室堂では「立山フェスティバル」開催中。

登山客よりも観光客が多いせいか、各ブースの盛り上がりは今一つである。ただし、継続は力なり(去年も同じことを言っていたかなあ)。もっと、宣伝しましょう。

展示されているテントをじっくり観察。
次回の候補と考えている銘柄は、生地が薄く、グランドシート必須である。四隅の補強も必要か?
もうしばらく考えてからの購入となりそうです。

Dsc_0236_800x531
(天狗平で、睡魔に襲われる)


道端で、無造作にお昼寝させて頂いた。
日頃の疲れが消えてゆくのを感じる。

プチ山歩きでしたが、良い気分転換になりました。

|

« 金山・天狗原山:ブナの急登すばらしいお花畑 | トップページ | 飛騨路:ドライブって »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/55626550

この記事へのトラックバック一覧です: 龍王岳:秋めいてきました:

« 金山・天狗原山:ブナの急登すばらしいお花畑 | トップページ | 飛騨路:ドライブって »