« 雨飾山:残暑です。日本海側から入る。 | トップページ | 「北アルプスの渓谷をゆく」;ゆきたいものである »

2012年9月23日 (日)

乗鞍岳:夜明け前、雨の中、苦し紛れという

2012年9月23日



22日

土曜の午後になってようやく仕事が終わり、速攻で山道具を準備して車を走らせた。
トランクには基本装備に、ヘルメットやら、登攀具やら、ビバークの装備やら、炊事道具やら、登山靴も何種類か?

すごい装備である。


なぜなら、行く先を決めていなかったのである。


R41を南下するうちに決まるだろうと安易に考えていたが、神岡に差し掛かった時点でも決まっていなかった。北アルプス南部は、とっても混雑しているだろうなあ・・・。駐車スペースあるんかいな・・・・というわけで、そのまま南下し、御嶽山へと向かう。

途中、飛騨古川の街に立ち寄る、キツネのメイクをした人たちが行き交う。お祭りらしい。


仮眠をとるため、道の駅「ひだ朝日村」にて休憩、天気予報を確認すると、明日はどこもかしこも雨の予報である。ああ、御嶽頂上まで、冷たい雨の中を歩く気がしない。


どこに転戦するか?熟考。


乗鞍岳ならば、バスで上まで上がれる。もしかしたら、雲の上は晴れということもある(甘い)。
もしも、雨に降られても2時間ほどの行動である。

苦し紛れの選択である。

とって返し、朴の木平の駐車場で車中泊。


23日

4:00始発のバスに乗車。
畳平のバスターミナルでもたもたと準備を整え、5:10、暗闇の雨の中、ヘッテンつけて歩き始める。気温は3℃。風が強い場所では、寒さが身に染みる。

とにかく、汗をかかないようにペースを調整した。
若いころ、この汗のせいで低体温症になりかけた苦い経験がある。

6:10に、剣ヶ峰頂上に到達。

Dsc_0374_800x531

(寒々)

あとは、サクサク下って、登ってくる若い皆さまを心から応援。
こんなことで、山を嫌いにならないでくださいね。

Dsc_0380_800x531

(ハクセンイチゲの痕跡でしょうか?)

6:50のバスに乗り遅れ、1時間ほどぼんやりしてみました。
バスに乗車し、iPodでソフィーミルマンを聞きながら、夢の世界へ・・・。

下山後は、お湯を求めて、9時に平湯へ・・・。
平湯の森のお風呂は10時から、一方、平湯バスターミナル3Fの温泉は8時から営業でござる。ここは、10年ぶりぐらいであるが、露天風呂がローマ風なのが可笑しかった。実に、良いお湯でした。
食堂では、朝からざるそばを食し、コンプリートした。


追記:
・今回の山行の主な目的は、「今年の紅葉の進み具合」を確認することであった。一方、乗鞍スカイラインの上りは暗闇ガスガス、下りは居眠りをしてしまって、全くの役立たずであった。よって、ひとまず「今年の紅葉は例年並み」としておきましょう。
・思いもよらず、乗鞍岳に登ることになった。過去に2度ほど、マイカーで入って肩の小屋口から登った記憶がある。
2時間にも満たない山歩きで、手軽な3000mであるが、天候が崩れると、さすがに3000mである。手袋はしっかりしたものが必要である。
・間もなく雪が降るであろう。
・直近の気圧配置は冬型である。やばいねえ、十分な装備が必要。

|

« 雨飾山:残暑です。日本海側から入る。 | トップページ | 「北アルプスの渓谷をゆく」;ゆきたいものである »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/55726898

この記事へのトラックバック一覧です: 乗鞍岳:夜明け前、雨の中、苦し紛れという:

« 雨飾山:残暑です。日本海側から入る。 | トップページ | 「北アルプスの渓谷をゆく」;ゆきたいものである »