« 金峰山とプチ小川山:娘とたき火 | トップページ | 龍王岳:秋めいてきました »

2012年8月26日 (日)

金山・天狗原山:ブナの急登すばらしいお花畑

金山・天狗原山

2012年8月26日

1泊でアグレッシブな山行をと考えていたが、雑務が終わらず、土曜は自宅でパソコンの前で悩んで終わってしまった。もう少し語学力があればなあ。

翌、日曜は何が何でも山に入るぞと意気込んでいたが、2時間も寝坊してしまった。
登山口の出発時刻は7時をまわっていた。

行く先も思いあぐねていたが、この暑さである。登山口の標高は1000m以上と決めていた。金山はかつてから、訪れてみたいと願っていたのだ。



最初の30分間は我慢の急登である。それでも、ブナの森を歩くのはとても気持ちが良い。

Dsc_0116_800x531
(大好きなブナの森)

Dsc_0120_800x531

(水場あたりのブナは実に立派である)


気温は20℃ほど、これ以上上昇すると、苦しい登りとなりそうである。
汗が噴き出してくる。むしろ、帰りが我慢の道のりとなりそうである。


木々がまばらとなってくる。

Dsc_0121_800x531
(トリカブトはこれからが見ごろ)

花の密度が増してくる。

笹原の天狗原山には9:30頃に到着。

Dsc_0139_800x531
(頂上のお地蔵様はお花畑の中、とても良い場所に置かれている)

天狗原山から金山にかけて、見事なお花畑が点在していた。
ここって、とても良い場所ではないですかぁ!!

写真をたくさん撮りました。

Dsc_0180_800x531
(何種類あるのか?)

Dsc_0192_800x531
(しばらくは楽しめそうである)

所によりハクサンコザクラやチングルマが花盛りで、雪解けが遅れていたことが伺える。ミヤマキンポウゲ、ウサギギク、シナノキンバイ、ハクサンフウロ、イブキトラノオとにかく多数咲いていた。この時期に来たのは大正解である。来年は、こんなわけにはいくまい。

金山頂上には10:15頃に到着。
そのまま、雨飾山まで足をのばすことも考えていたが、標高の低い雨飾山は、かなり暑いに違いない。
夏バテが悪化するのは避けたい。
下山と判断。

Dsc_0205_800x531
(金山から戻る稜線)

途中から気温は25℃以上となる。発汗量が半端ではない。
この時期の大猫山を思い出す。
水の消費量は下りの方がはるかに多かった。

12:30に登山口に、雨飾山荘で、入浴、蕎麦、フリー。
最高でござる。

F1000104_3
(携帯から転送、少し食べた後でごめん)

糸魚川、コンビニで「白くま」のストロベリーを購入。
実は好物なのである。

とにかく満足。


追記:
・金山から焼山に向かう登山道の笹藪は刈りはらわれていた。火打からぐるりと周遊できそうである。涼しくなったら、訪れてみます。
・雨飾山荘は、清潔で対応も丁寧。お湯も良かった。いつか宿泊してみようと思う。
・雨飾山や火打山が百名山なのに、なんと不遇な金山、名前にインパクトが欠けるせいでしょうか?
・とっても良い山であるが、ブナタテ尾根の地道な登りを楽しむには、山の経験が必要かもしれない。
・本日の登山者は、車6台、うち5台が単独。静かな山でした。

 

F1000104_2

 

|

« 金峰山とプチ小川山:娘とたき火 | トップページ | 龍王岳:秋めいてきました »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/55512676

この記事へのトラックバック一覧です: 金山・天狗原山:ブナの急登すばらしいお花畑:

« 金峰山とプチ小川山:娘とたき火 | トップページ | 龍王岳:秋めいてきました »