« 菖蒲:雨の日だから | トップページ | 白木峰:ニッコウキスゲこれから見頃 »

2012年7月 2日 (月)

木曽駒ヶ岳:変更

2012年6月24日

木曽駒ヶ岳

空木岳の登山口で車中泊し、朝を待つつもりであったが、たどり着くまで2回もサービスエリアで仮眠をとってしまった。
空木のピストン日帰りのつもりであったが、体調は木曽駒で満足しなさいという。
素直に従って、朝一番、ロープウェイを使って、苦も無く千畳敷まで登りつめた。

Dsc_0457a_800x531
(千畳敷にはたっぷりの残雪)

とはいえ、急峻な上部には雪は無く、ツボ足で乗越まで上り詰めた。

Dsc_0464a_800x531
(中岳からみた宝剣、遠くに空木)


実に良い眺めである。


雪の無い木曽駒ヶ岳頂上は、これが初めてである。社が2つあるのを知らなかった。



戻って宝剣岳を登り、三沢岳への分岐で長考。・・・・。止めにする。

Dsc_0484_800x531
(三沢岳に雲がかかってきた)

千畳敷側へと下る。

念のため、ピッケルを取り出して、急な雪の斜面を下りてゆく。
足スキーを交えて、サクサク下る。楽しい。
滑落停止訓練をして遊ぶ。

ほどなく観光客であふれる。ロープウェイ駅に到着。

いつもの「こまくさの湯」で汗を流して、道草をしながら帰宅した。


追記:近頃、山に入る機会が少なく、体調維持もままならない。山歩きをしたほうが、仕事もはかどるのではないか。周囲の同意は得にくいけどね。

|

« 菖蒲:雨の日だから | トップページ | 白木峰:ニッコウキスゲこれから見頃 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/55098842

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽駒ヶ岳:変更:

« 菖蒲:雨の日だから | トップページ | 白木峰:ニッコウキスゲこれから見頃 »