« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の4件の記事

2012年7月19日 (木)

穂高ジャンダルム:じゃんじゃん

2012年7月15・16日

穂高ジャンダルム


梅雨明け直前の雨の3連休、最終日のみ、お天気が見込める状況。
雨の日は、基本的に山に入らないことにしているが、15日、雨を承知で平湯アカンダナ駐車場からバスに乗車した。
今回の山行の目的は、「休息と適度な緊張感」である。


15日

雨で停滞するにせよ、岳沢ならば大きく荒れるまい。傘をさして歩ける範囲というのも、選定の理由。岳沢小屋のブログ情報を、いつも参考にしているというのも、大きな理由。

上高地で、パッキングをしなおし、傘とスパッツで歩き始める。
整備された登山道は、歩荷に適した歩幅である。

9時頃、岳沢に到着し幕営。早い時間とはお思いでしょうが、今日はゆっくりと休息を楽しむのである。
ビールを2本購入、午前、雨音を楽しみながら、テントでまったりと過ごす。
昼は、小屋で昼食を食し、天狗沢へお散歩、そしてお昼寝。

Dsc_0046_800x531
(テン場の雪は大滝までつながっていた)

娘にメールしたりして、くつろぎ三昧である。

早めの夕食をとり、滝沢の雪渓を登って、南陵の取りつき近くまで散歩する。

Dsc_0070_800x531
(トリコニー、三つこぶラクダ)

時折、雨音に目を覚ましながら・・・。

16日

早朝、明るくなってきたので出発。天狗沢を行く。
途中から、雪が残っており、上部はガスで視界がきかない。

Dsc_0097_800x531
(天狗沢上部)


どこが、コルかもわからぬまま、アイゼンを履いたり外したりしながら登ってゆく。最後の急な雪の斜面を登ると、見覚えのある石組み。
7:00、コルに到着である。


ガスガスで視界、不良。
前日の雨のせいか、岩はそぼ濡れており、とてもスリッピー。
緊張する。
安全第一、3.5点支持ぐらいで進んでゆく。

Dsc_0107_800x531

(記念にジャンダルムを撮影、まさしく影を撮る)


ジャンもガスの中。
スルーすることも考えたが、今回の目的地はジャンである。
8:30頂上、頂上からの視界も閉ざされている。
滑る岩に注意しながら、先に進む。

「濡れ」というだけで、難易度は上がる。
やはり、雨の日は来てはいけない。
言い訳すると、今日は曇り。


ロバの耳、ゆっくり進めば良い。
ガスガスの、奥穂高岳山頂は無人であった。
皆、どこへ行ったのか?
いつの間にか、岩は乾いていた。


吊尾根はハクサンイチゲが満開。
前穂は晴れている。
一方、終始、奥穂はガスの中。

Dsc_0121_800x531
(吊尾根から見た前穂と明神)

気持ちの良い稜線歩き。道草を楽しんだ。


いよいよ苦手な重太郎新道の下り。
膝に違和感。そう、膝に爆弾があるのを忘れていた。
ゆっくり下りて、2時間半ほどかかったつもりが、1時間半であった。
時間よりも長く感じる負荷の大きな道である。

Dsc_0136_800x531
(重太郎新道、最後の下りを振り返る。夏の空である)

ゆっくりとテントを撤収。
上高地は夏の空であった。梅雨明けである。

いつもの「平湯の森」。帰宅後の暑さは尋常ではなかった。

追記:
・「休息と適度な緊張」、これから、こんなパターンが増えそうである。
・アイゼンはアルミ12本爪、ピッケルはコルサ。軽量だから、持参する気にもなる=安全。
・天狗沢の雪渓では、2度、落石がかすめた。ヘルメット必須。シュルシュルと風を切る音。ガスの向こうから突如、現る。
・コル~奥穂間に数名の登山者とすれ違う。彼等の緊張と高揚を感じた。
経験は大切である。このリスクと何を引き換えにしているのか?自問する。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

白木峰:ニッコウキスゲこれから見頃

2012年7月8日

白木峰

雨の予報が朝から全く降らないとは、肩透かしである。
富山市内で、昼ご飯を食べてからのお出かけである。

今年のニッコウキスゲはやや遅れているとのこと。
それとも不作なのか?


登山口を出発したのは14:30、
デイパックには雨具、水、パン2つ。
気温は15℃、ガスがかかっていて涼しい。快適である。
それでも30分登って、頂上についたころには、
汗が滴り押していた。

肝心のニッコウキスゲは、第一花?(一番下の花)が咲いており、豊作とはいわないまでも、そこそこの密度であった。
ほんわりガスがかかっていて、良い雰囲気。
しっとりとした空気につつまれている。

Dsc_0030_800x531

個人的には、このみずみずしい咲き始めがお好みである。

オオバギボウシもこらからが盛り。
コバイケイソウは開花しない周期の年のようです。

写真を撮りながら、池塘を巡って、下山。
16:00には、大長谷温泉の湯船につかっていた。


追記:本当の見頃はこれからで、一週間ほど楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

木曽駒ヶ岳:変更

2012年6月24日

木曽駒ヶ岳

空木岳の登山口で車中泊し、朝を待つつもりであったが、たどり着くまで2回もサービスエリアで仮眠をとってしまった。
空木のピストン日帰りのつもりであったが、体調は木曽駒で満足しなさいという。
素直に従って、朝一番、ロープウェイを使って、苦も無く千畳敷まで登りつめた。

Dsc_0457a_800x531
(千畳敷にはたっぷりの残雪)

とはいえ、急峻な上部には雪は無く、ツボ足で乗越まで上り詰めた。

Dsc_0464a_800x531
(中岳からみた宝剣、遠くに空木)


実に良い眺めである。


雪の無い木曽駒ヶ岳頂上は、これが初めてである。社が2つあるのを知らなかった。



戻って宝剣岳を登り、三沢岳への分岐で長考。・・・・。止めにする。

Dsc_0484_800x531
(三沢岳に雲がかかってきた)

千畳敷側へと下る。

念のため、ピッケルを取り出して、急な雪の斜面を下りてゆく。
足スキーを交えて、サクサク下る。楽しい。
滑落停止訓練をして遊ぶ。

ほどなく観光客であふれる。ロープウェイ駅に到着。

いつもの「こまくさの湯」で汗を流して、道草をしながら帰宅した。


追記:近頃、山に入る機会が少なく、体調維持もままならない。山歩きをしたほうが、仕事もはかどるのではないか。周囲の同意は得にくいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

菖蒲:雨の日だから

2012年7月1日

雨の休日、家族と出かける約束をした。

雨の日の野外を楽しみたい。そこで、
雨に濡れた花菖蒲を見に行くことにした。


砺波・頼成の森の「花しょうぶ祭」は今日までである。

Dsc_0533_800x531

(花盛りであった)


見頃はすでに・・・とは思っていたが、

Dsc_0509_800x531
(見頃を過ぎた花は摘み取られてゆく)

丁寧な管理のおかげである。



一番奥の33号田まで足を延ばす。

 

Dsc_0514_800x531_2
(睡蓮も良い季節である)

Dsc_0523_800x531
(東屋から見下ろす)

しっとりとした。草や木々の息吹を感じることができました。


雨の日も良いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »