« 牛岳:ヘビーな雪 | トップページ | 弥陀ヶ原から美女平:森林限界と森林 »

2012年4月14日 (土)

西穂独標:ひさびさにピッケル

西穂独標

2012年4月8日


晴れた日曜日、ようやく時間ができた。
日帰りで、雪山の眺めがすばらしい場所といえば、西穂高岳となる。独標までなら、同行の友人もそう緊張するまい。


始発のケーブルで新穂から入る。

Dsc_0381a
(予定通りの良い天気でござる、サングラス必須)


西穂の山荘に余計な荷物をデポし、稜線を進んでゆく。
アイゼンがよく効いて、歩きやすい。

Dsc_0399a
(途中の造形、きまらない構図)

独標直下の雪壁で大渋滞。例年より難しい斜面となっていた。しかし、一部のあなた、譲り合いの精神が足りないのう。初心者をあわてさせるでない。

ザイルで安全を確保するパーティーあり、これが正しい登山である。

Dsc_0414a
(独標から見た奥穂、前穂、明神)
奥明神沢ってあんな急斜面でしたっけ。

あとはサクサク下って、小屋でラーメンを食し、下界へと下った。


新穂の日帰り湯は、どこも冬季閉鎖中。神岡の「割石温泉」400円で汗を流した。


追記:実に良いお天気であった。富士山もくっきり。山歩きは久しぶりであったが、やはり山は気持ちが良い。

|

« 牛岳:ヘビーな雪 | トップページ | 弥陀ヶ原から美女平:森林限界と森林 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/54471833

この記事へのトラックバック一覧です: 西穂独標:ひさびさにピッケル:

« 牛岳:ヘビーな雪 | トップページ | 弥陀ヶ原から美女平:森林限界と森林 »