« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の2件の記事

2012年4月17日 (火)

弥陀ヶ原から美女平:森林限界と森林

弥陀ヶ原から美女平

2012年4月15日

アルペンルートが部分開通し、弥陀ヶ原までバスで入ることができる。
静かな山歩きができるチャンスである。


立山駅の切符売り場では並ぶことはなかった。弥陀ヶ原を10時ごろ出発、トレースは少なく、気持ちの良い雪上歩行である。

Dsc_0458a1

(斜面の雪の文様を写してみる)

予報通りの良い天気である。同行の友人も楽しげである。ただし、気温が高く、雪が柔らかくなるのも時間の問題。先を急ぐ。

Dsc_0465a1

(弥陀ヶ原の風景、この先は称名川へと落ちる)

やがて、木々の密度が増してくる。
雪原ともさらば。

この溶岩台地は、思いのほか起伏がある。車道や夏の登山道は、良い場所を選んでつくられている。


Dsc_0477a1
(ひだひだ弥陀ヶ原の向こうに薬師岳)

やがて立山杉の密度が増してくる。

時折、巨木と出会う。

Dsc_0492a1

(立山杉は、習った通り、積雪によって枝が押し下げられている)

立山杉の森は幽玄な雰囲気を漂わせ、巨木(古木)たちは、圧倒的な存在感でそこにある。
過酷な環境で生き残る生命力とともに、狂おしい枝振りに痛ましさを感じる。

美女平に向けて、いくつもの起伏を乗り越えてゆく。細かな谷筋に迷う人もいるだろう。

烈風をもたらした先の低気圧の影響だろうか、森には葉や小枝、樹皮が雪面を覆うように散乱していた。やはり、自然とは過酷な環境なのだ。


熊の足跡、駆け抜ける白兎。春はもうすぐである。



追記:静かで、良い山歩きであった。長靴(+かんじき)向きのコースである。また来ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

西穂独標:ひさびさにピッケル

西穂独標

2012年4月8日


晴れた日曜日、ようやく時間ができた。
日帰りで、雪山の眺めがすばらしい場所といえば、西穂高岳となる。独標までなら、同行の友人もそう緊張するまい。


始発のケーブルで新穂から入る。

Dsc_0381a
(予定通りの良い天気でござる、サングラス必須)


西穂の山荘に余計な荷物をデポし、稜線を進んでゆく。
アイゼンがよく効いて、歩きやすい。

Dsc_0399a
(途中の造形、きまらない構図)

独標直下の雪壁で大渋滞。例年より難しい斜面となっていた。しかし、一部のあなた、譲り合いの精神が足りないのう。初心者をあわてさせるでない。

ザイルで安全を確保するパーティーあり、これが正しい登山である。

Dsc_0414a
(独標から見た奥穂、前穂、明神)
奥明神沢ってあんな急斜面でしたっけ。

あとはサクサク下って、小屋でラーメンを食し、下界へと下った。


新穂の日帰り湯は、どこも冬季閉鎖中。神岡の「割石温泉」400円で汗を流した。


追記:実に良いお天気であった。富士山もくっきり。山歩きは久しぶりであったが、やはり山は気持ちが良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »