« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の1件の記事

2011年12月30日 (金)

来拝山:納めます

来拝山

2011年12月30日

ひさしぶりに山に入る。
しばらく、とにもかくにも忙しい日々であった。

充実した毎日というよりも、「瞬発的な能力」の低下を実感する日々であった。


さて、今回は、鈍った体と相談して行く山を決めたのだが、予想以上に雪深いこの山は、ラッセルの良い訓練の場であった。
帰宅、入浴後は、太ももにたっぷりとバンテリンを塗りこんだ。

自然の家駐車場を友人とともに10:15頃に出発、林道を進んでゆく。城前峠までは長尾方面に向かうスキーのトレースをお借りして、順調にすすむことができた。ここからは、東尾根に取りついて、高度を稼いでゆく。


入り込んですぐに、思いのほか雪が深いことに気付いた。
22インチのスノーシューにテールを取り付けて、浮力の向上を図る。それでも膝程度のラッセルとなる。勿論、急斜面は胸ラッセルである。

Dsc_01381

(名も知らぬ木の実)

Dsc_01461

(青空が広がってきたぞ。ナラ枯れの森)

ワカンの友人に先頭を任すわけにもいかないが、自分でトレースを刻むのは気持ちが良い。

頂上には12:30頃、到着。予定よりも時間がかかってしまった。昼食をとって、早々に下山開始。

Dsc_01511
(頂上からみた富山平野南部)

南尾根を下ってゆく。

急な斜面である。随所にトラップがあって、腿への負担が大きい。
甘く見ていた自分。道も逸れちまったよ。
それでも無事に下山。
実に良い山でした。

今シーズンの雪山始め、そして本年の山納め。


「すべてに、感謝しています。」




追記:
先日、銀杏の落ち葉で埋め尽くされた東京のとある大学で、学生さんと半日ほど議論する機会があった。このような時代に、彼等は実に真摯で、懸命であった。そしてとてもやさしい世代だとも感じた。

ああ、日本は捨てたものではない。

本質を知ることの大切さを伝えたい。
存在意義を確認してほしい。

真に社会に貢献し、
お願いだからへその曲がった大人たちにはならないでほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »