« 龍王岳(東尾根)・大日岳:プチ登攀・縦走(2日目) | トップページ | 上高地:家族とちょい前紅葉の秋を楽しむ »

2011年9月27日 (火)

槍ヶ岳(北鎌尾根):陽に照らせれて岩が嬉しそうである

2011年9月23~25日

槍ヶ岳(北鎌尾根)

23日(1日目)

天候に恵まれた3連休、キタカマに入る絶好のチャンスである。
前夜にアカンダナ駐車場に向かうが、ゲートのオープンは3:00~17:00とのこと、ゲートが開くまでの間、車中で待つことになる。十分な睡眠はとれないまま、3時に入場、ターミナルで上高地行きの始発バスを待つ。寒いなあ。


さすが上高地、準備を整える登山者であふれている。汗臭くない。
皆、期待に満ちた表情。

Dsc00333a
(この時間、一般観光客の姿はない)

6:30頃、歩き始める。梓川を遡上する。上高地特有の雰囲気を味わいながら、足をすすめる。明神や前穂の岩壁が朝の陽に照らされて、気持ちよさそうである。

8:30横尾を通過。ぐっと登山者が減り、あとは時折足の速い人が追い越してゆく。槍沢で一服し、11:45に水俣乗越。この登り、バテマシタ。体調は良くないかもしれない。

しかし良い天気である。明日はさらに良いとのこと。

天上沢への急な斜面を下る。やがて、岩ゴロの涸れ沢を歩くことになる。歩きにくく、体力を消耗する。膝への負担も大きい。

先日らいの台風影響か、間ノ沢からは、豊富な水が流れ込む。13;00過ぎに、北鎌沢出合に到着。すでに、何張か幕営済み。みな焚火の準備で忙しい。

予定通り、稜線上でビバークするため、足をすすめる。今日の北鎌沢は水量が豊富で、靴を濡らさぬよう、足場を選ばねばならない。

はるか上まで水流が確認できる。一旦、全ての水を捨て、涸れる手前で補給するも、さらに上流でも水は確保できる状態であった。こんなこともあるのですね。

なんとか稜線上に這い上がり、良き場所に幕営。朝を待つことにする。

24日(2日目)

明るくなると同時に行動開始。稜線上の各所に幕営していた人たちが一斉に行動を開始する。
霜柱を踏みしめながら、やがて独標の眺めの良い場所にたどり着く。
迫力のある岩壁である。
巻き道をすすみ、斜上し、コの字をくぐって、左に回り込んですぐ、ルンゼ状の斜面をはい上がる。楽しい場所である。少しばかりの岩登りの経験が活かされる。

頂上を目指して登って行くと、独標の頂上に着いた。あたりまえか?

槍ヶ岳までの稜線を見通すことができる。絶景、来てよかった。


この先は、登攀技術よりも安定した岩を選ぶ判断力が要求される。

Dsc00404a
(良い天気、先のピークに先行者)

基本、稜線上をすすむが、白くて脆いP12だけは、巻き道を選択した。どっちを選んでも危ないけど。

Dsc00412a
(振り返るとガイドパーティーが下降中、この場所、小生は下を巻いた)

北鎌平手前のp15が最も眺めの良い場所であった。

Dsc00427a_2
(大槍、ひまご槍、まご槍、小槍)

さて、北鎌平で少し休んで、いよいよ大きな岩が折り重なる本峰へと取りつく。

頂上近くにチムニーなる難所が2か所あるらしいが、いつの間にか難なく頂上に着いてしまった。

頂上は人でいっぱいである。這い上がった祠の横に立っていると、どうも撮影の邪魔らしい、長居は無用。早々に列に並んで、下まで降りる。

Dsc00453a
(槍見カレー)

11:30頃、山荘でカレーライスを食し、友人と待ち合わせている槍平へと下る。飛騨沢は草紅葉が見ごろであった。

カレーを食べて1時間半後に槍平のテント場に到着。

見覚えのある友人のテントの横に幕営。近くの小川でビールを飲みながら足を冷やして寛いだ。
のんびりと良い時間を過ごす。

Dsc00477a
(小生の癒しスポット)

テント場で日光浴していると、奥丸山から友人が下りてきた。
宴会である。
彼によると、山で会うのは12年ぶりとのこと、懐かしい話ばかりである。

Dsc00490a
(北穂、ドーム、涸沢岳が染まる)

日没後は寒さに耐えきれず、早々に就寝。空には天の川。

25日(3日目)

パリパリに凍っていた。
友人とおしゃべりしながら、下山。

車を回収し、平湯の森で良いお湯を頂きました。

追記:
・今回の山行の核心は北鎌沢の登りであった。要体力。
・最終日は友人との楽しい時間をすごせた。良い休日となった。

|

« 龍王岳(東尾根)・大日岳:プチ登攀・縦走(2日目) | トップページ | 上高地:家族とちょい前紅葉の秋を楽しむ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/52830147

この記事へのトラックバック一覧です: 槍ヶ岳(北鎌尾根):陽に照らせれて岩が嬉しそうである:

« 龍王岳(東尾根)・大日岳:プチ登攀・縦走(2日目) | トップページ | 上高地:家族とちょい前紅葉の秋を楽しむ »