« 猫又山・大猫山:ねこねこ | トップページ | 龍王岳(東尾根)・大日岳:プチ登攀・縦走(2日目) »

2011年9月11日 (日)

龍王岳(東尾根)・大日岳:プチ登攀・縦走(1日目)

2011年9月10・11日

龍王岳→雷鳥沢(泊)→奥大日・大日岳

天気予報は目まぐるしく変わった。このため、どこへ行くか定まらないまま、前夜に今回の行程を決定。貴重な2日間を欲張って楽しむのだ。

本当なら、ガッツリと岩稜歩きや縦走をしたいのではあるが、休みは限定されている。また、疲れが残っていて、そうそう無理な行程を組むわけにもいかない。

10日
セットした目覚ましの時間に、2時間半も遅れて行動を開始。お疲れなので仕方がない。
それでも立山駅8:20発のケーブルに、待ち時間なしで乗ることができた。いつも、始発は長蛇の列、少し遅めの行動でも、良い場合もある?

室堂ターミナル、階段のコーナーで登山届を提出。この登山届ボックスは今年の5月の連休に初めて発見した。その時まで、その存在を知らなかったのである。それまでは、雷鳥沢や剣沢のテント場で提出するのが常であったが・・・、これって以前からあったのだろうか?

長野、新潟、岐阜、山梨ほかでは、主要な登山口に必ず届けボックスが設置されているが、富山ではあまり目にしない(気づかない?)。

9:50、歩き始める。予定より遅れてしまったが、午前中に登攀を済ませてしまいたい。

Dsc_00671

(実に良い天気、皆楽しそうである)

一の越には、10:20到着。そのまま、乗越て、御山谷側へ下る。少し先の右手ゴーロ帯をぴょんぴょんしながら、龍王岳の東尾根取りつきまで、草を踏まずに到達する。

Dsc_00761

Dsc_00812_2

(ギザギザしたのが目的の尾根)

10:50、ヘルメットほか登攀具一式を装着し、はい上がる。

所により、Ⅲ級程度で、特に難しい場所は無い。勿論、ルートを誤れば難易度は飛躍的に上がる。落ちたら人生おしまいである。

ファイブテン・キャンプフォーのフリクションは抜群である。ぐいぐい高度を上げてゆく。とても、楽しい。

Dsc002771

非常に楽しい。

Dsc002831

景色も抜群である。

Dsc002941

最高。

Dsc003011

12:00、龍王岳頂上に到着。ロープなどの登攀具を使うことは無かったが、危機脱出のための装備として必須である。

南尾根を偵察したのち、浄土山経由で、室堂へ戻った。コインロッカーに余計な荷物を預けてあるのだ。回収。

今週末は、「立山黒部アルペンフェスティバル」なるものが、開催されていた。ターミナル屋上では荻原兄弟トークショー。みくりが池温泉では加賀谷はつみさんのアコースティックライブが開催されていた。みくりが池温泉で、昼食をとる予定だったが、14:00丁度で、食堂は閉店。残念、腹減った。

テラスで「加賀谷はつみ」さんのライブを聞きながら、ピザと生ビールを食す。懸命に歌う姿に感心。

Dsc003051

(テラスにて、小生のキャンプフォー)

Dsc003061
(そして、なぜか写っていた。はつみさんとスタッフさんの履物)

おじさん、ミーハーである。その後、CDをゲット。握手してもらってご満悦である。ルンルン気分で、地獄谷への階段を駆け下りて、雷鳥沢に幕営。

Dsc_00991
(ツェルト泊、雷鳥沢)

テント場では、テントの見本市が開催されていた(石井スポーツ主催?)。立派なテントが林立。小生のお宿はファイントラックのツェルトIIである。ちょっと浮いてるかなあ~。気にしないけど。

石井スポーツさんから、カップに入っていないカップ麺?をもらう。自炊道具を持参していないので、持って帰るしかない。

雷鳥沢ヒュッテで温泉に入り、ビールを飲んで。就寝(騒々しくて寝れなかったけど)。

2日目へと続く・・・。

追記:
・ツェルトIIについての詳細な感想は、別の機会に。一言、素材は優れている。
・継続は力なり。フェスティバル、続けてもらいたい。
・#4では寒くなってきた。
・命取りにならぬように軽量化を意識したい。

|

« 猫又山・大猫山:ねこねこ | トップページ | 龍王岳(東尾根)・大日岳:プチ登攀・縦走(2日目) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/52705112

この記事へのトラックバック一覧です: 龍王岳(東尾根)・大日岳:プチ登攀・縦走(1日目):

« 猫又山・大猫山:ねこねこ | トップページ | 龍王岳(東尾根)・大日岳:プチ登攀・縦走(2日目) »