« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の3件の記事

2011年8月27日 (土)

猫又山・大猫山:ねこねこ

猫又山・大猫山

2011年8月27日

3週間ほど山に入っていないが、すでに衰えを感じている。今回は、秋の縦走に備えての足慣らしをしようと考えた。少し、考え事もしたいので、静かな山を選んだ。

5:30頃、ブナクラ谷の登山口を出発した。朝露対策でスパッツを付けたが、草の丈は伸びており、30mほど進んだ時点で、ズボンはずぶ濡れである。合羽ズボンを履くべきであったが、手遅れである。開き直ってそのまま、進むことにする。アカソの朝露量が半端じゃない。やがては、靴下までずぶ濡れとなった。

ブナクラ谷のこのルートは、沢を何度も渡るので、雨天時は入るべきでない。昨日までかなりの雨は降ったが、本日は渡渉に苦労する場面はなかった。

このような、入る人が少ない山域では、特に「安全」を意識している。飛ばさず、確実に進んでゆくことを心がけた。本日持ち込んだ山靴のソールは濡れた岩が苦手らしく、やたら滑る。一歩一歩、着実に進む。劇藪が想定される猫又・大猫間に備えて、体力も温存しなければならない。

Dsc002001
(このゴーロを登るとブナクラ峠)

Dsc002081

(登ってきたブナクラの谷)

ブナクラ峠には7:40に到着。しばらく休んで、左(北)の尾根を這い上がってゆく。急な斜面である。やがて、しばしば藪をこぐことが多くなる。アゲインストの藪は厄介である。ただし、急な斜面では草木を掴んで這い上がるしかないので、少しは藪が無いと、安全に登攀できないのも事実である。途中、長そでシャツに着替えて、藪漕ぎの戦力強化を図ったが、アゲインストの藪は疲れます。

 

Dsc002132_2
(南には赤谷山、その向こうに剣岳)

この時点で、まだ藪は朝露に濡れており、下半身ずぶ濡れになって高度を稼いでゆく。

Dsc002281

Dsc002331
(カールの花たち、チングルマやハクサンコザクラ)

ようやく、樹林帯を過ぎたあたりのカールには雪が残っており、雪の周辺では初夏の花々が見ごろとなっていた。のんびり時間をかけて進んでゆく。

別天地である。来てよかった。来てよかった。

大猫への分岐を過ぎてさらに進むと猫又山頂上である。10:10に到着。10時前に着いたら、釜谷山まで足を延ばそうと思っていたが、10分の遅刻である。この先の厳しい道のりを考えたら、遅れて到着したことを幸いとしなけければならない。

少し休んで、大猫山へと周遊することにする。当初、劇藪を想定していたが、最近、刈り払いされたらしく、快適な尾根道になっていた。作業された方に感謝感謝である。

Dsc002431
(この踏み跡の薄さが魅力である)

この尾根、なかなか良いところである。花もきれい。随所に池塘があって、途中、どっぷり腰を下ろして、靴下の水を絞ったりしながら、良い山の空気を楽しんだ。また、来るぞ。

Dsc002531
(猫又山から大猫平まで、数知れぬ池塘が点在する。池塘好き?にはたまらないコースである)

大岩近くの、三角点を過ぎると、笹原の尾根となる。

ペナントのある大猫山の頂上には、11:50頃に到着。前に来た時も思ったのだが、本当の頂上ではないような気がする。

大猫平まで下って、大休止。実に良い場所である。昼食をとって、昼寝の誘惑を振り切って、急な斜面を慎重に下り、2:30頃に登山口に戻った。

Dsc002651
(大猫山の急登、ここは立山杉の棲家である)

いつものように沢水で靴やスパッツをたわしでゴシゴシ洗って、いつものように大岩不動の湯に立ち寄って、家路についた。

追記:
・午前9:30頃までは、視界も良好で剣岳を眺めながらの山行であったが、以降はガスにつつまれてしまった。一方で、涼しく、幻想的な山の雰囲気を味わうことができた。
・登山口には車が3台、赤谷山に2名、小生の逆コース2名の実に静かな山であった。つまり、登山中に出会ったのは2名の1パーティーのみである。わがままであるが、静かな山であり続けてほしい。
・登山口からの大猫山登山道は、北アルプスでも随一の急登だと思う。少しおどしておこう。
・赤谷山も藪が伸びていたとのこと、途中、草刈機がデポされていましたので、近々刈りはらわれるかもしれません。登山道の整備をされておられる方々には、本当に頭が下がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

さじ・はし:山への持ち物 (6)

家事都合、天候事情などにより、山に入っていない。ということで、今日は道具ネタ。

これまで、ピッケル、ザック、アイゼン、GPSなどの道具を紹介してきたが、今回は、仕切りなおして、山に持参する持ち物のを紹介-Part 6-、としたい(何回目かは知らないが6回目ぐらいだろう。あてずっぽうである)。

たとえ幕営装備でも、軽量化のため、食事はパン等で済ませて、自炊道具を持参しないこともしばしばである。そんな中でも、持参する頻度がとても高いのが、「割り箸」である。軽く、環境に優しい素材である。勿論、使用後は紙の箸袋に戻して、山行中は何度も再利用する。

ここで大切なのは、「竹製」の割り箸を持参することである。
木製のものは、おかしな割れ方をしたり、収納中に折れてしまうことがあるが、竹製品はそのようなことは、まずはない。強度もそこそこあるので、雪中ペグの代わりにも使える。

くどいが、「割り箸は竹製」がおすすめである。
これさえあれば、何もいらないくらいなのだが、このほかにスポークを持参することもある。

LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー) スポークはスプーン、ホークとナイフが一体化している北欧製の「さじ」である。手が汚れるので、両端を使うことはほとんど無い。、

2年?ほど前に、黄色を買って以来、黄緑、オレンジ、赤、ピンクと買い足してゆき、我が家の食卓、娘の弁当で常用されている。本年、下の写真にあるスケルトンタイプが発売され、思わず4本組を衝動買いしてしまったが、なんだか気に入らないので1本を残して山仲間に配ってしまった。

スプーンの形状が良いので、とても食べやすい。ヨーグルトやカレーはこれで食べるべきである。ホークやナイフ機能の評価は???である。

最近では多くの登山者が愛用しているようである。あえて欠点をあげるとすると、柔軟性が乏しいのか?ザックの中で粉々に砕けていたことがある。

Dsc001801

(赤いのがスポーク、竹製の割り箸、台は「富山の鱒のすしのふた」)

おまけ:鱒のすしのふたは、バーナーの台座にピッタリで、多くの山屋さんが古くからご愛用とのこと、ただし、購入後、洗って良く乾燥させておかないと、カビちゃいます。それから、鱒のすしには4本の竹の棒がゴミとして発生します。これ、雪中ペグに使えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

剣岳早月尾根:仲間とテント宴会

2011年8月6・7日

剣岳早月尾根

先月に続いて、早月尾根から剣岳に登った。今回は、テントを持参して早月小屋で幕営。仲間との時間を楽しんだ。

6日

4:30頃、番場島を出発、早い時間に高度を稼ぎたかったが、途中から雨。
天気予報どおりである。

小屋に到着後、早々に幕営。すぐに、冷えたビールを購入し、昼前から宴会開始である。早々にできあがってしまい。お昼寝。夕食をとって早々に就寝した。

Dsc000711

(日の入り前の下界の様子、雲の動きがダイナミックである)

7日

日出前に出発。早朝はなかなかの眺めであったが、上部ではガスにつつまれてしまう。剣岳頂上でしばらく粘ったものの、展望は限定されたものであった。それでも、八ツ峰や長次郎谷を眺めて楽しんだ。

Dsc001181

(少し、先に進んで長次郎の頭を観察)

のんびり下って昼頃に、小屋に戻る。テントを撤収して、核心となる小屋からの蒸し暑い降りに我慢して登山口に戻る。忍耐が養われる。

下山後は定番となった「大岩不動の湯」で汗を流して、満足・満足であった。

追記:
・次回の早月尾根は涼しい時期を選びたい。
・両日とも番場島・早月小屋間で雨に遭遇、傘が威力を発揮した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »