« 白木峰:ニッコウキスゲ見ごろ | トップページ | 爺ヶ岳:良き登山道 »

2011年7月11日 (月)

剣岳早月尾根:下山後梅雨明け

剣岳早月尾根

2011年7月9日

午後は雷雨の予想。様々な理由から、早月尾根を登ることにした。往復9時間ほどを見込んでいたが(ムリムリ)、早月小屋からの下りで大ブレーキがかかり、往復12時間(往路6.5時間)を要してしまった。大あまである。

一言でいうなら、力が無いのである。太ももの筋肉が衰えている。

予想通り、午後はプチ雷雨に遭遇。下山後は北陸地域が梅雨明けしたことを知り、明日以降の週間天気予報ががらりと変わっていた。こんなことなら、どこかの山域をのんびり縦走すればよかった。

Dsc_04371

(夏の空である)

Dsc_04431_3

(所により雪が残る。持参したアイゼン・ピッケルを使うほどではなかった。先週は必要だったとのこと)

下山後は「大岩不動の湯」で、良いお湯を頂いた。こじんまりした、小生好みの温泉でござる。おすすめ。

追記:
・脚力の衰えは明らか。この歳で鍛えることは可能か?しばし、鍛練してみます。
・山中で水3L消費した。飲みすぎである。ハイドレーションの弊害でしょうか?

|

« 白木峰:ニッコウキスゲ見ごろ | トップページ | 爺ヶ岳:良き登山道 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/52162858

この記事へのトラックバック一覧です: 剣岳早月尾根:下山後梅雨明け:

« 白木峰:ニッコウキスゲ見ごろ | トップページ | 爺ヶ岳:良き登山道 »