« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の6件の記事

2011年7月31日 (日)

小川山の某所:プチ岩遊び

2011年7月30日

小川山の某所

当初は、北アルプス某所の岩々した山域をガッツリ楽しむ予定であったが、天候不順につき小川山に転戦。そこで、岩登りをして遊んでいたが、やがて雨・・・。

Dsc000201

(小川山のキャンプサイトは実に良い場所です)

午後は、クライミングジムに移動。訓練。
ところが、人口壁に歯がたたず、自分の力の無さを知る。
特有のムーブ(きょん?)が、全く身につかないまま、
指の皮がめくれて、終了。

教官!
口では弱音を吐いていましたが、実は負けません。
地道にレベルアップを図ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

白山:花の良い季節でござる

2011年7月18日

白山

先日、想定外の出来事で、縦走プランが爺ヶ岳日帰りに短期縮小となってしまった。負けずに、連休最終日は高山植物を楽しむことにする。先日の爺ヶ岳では、友人に迷惑をかけたので、この良い山にも同行して頂いた??

飛騨平瀬から入り、大白川の登山口で車中泊することにした。白水湖湖畔には洒落た山小屋があって、良い時間が過ごせそうである。

Dsc_00041

(露天温泉もあって、自然環境も良い。あとはアクセス・知名度の問題か?)

翌朝、4:00前にヘッテン点けて登山道に分け入る。

山は、日の出前の15分間ほどが、最も良い空気が流れる。

見晴の良い場所を求め、高度を稼いでゆく。

Dsc_0008_1

(ブナの森、朝焼けに染まる)

Dsc_00131
(木々は陽の光を待ちわびている)

Dsc_0015_1

(三方崩山上空の雲)

Dsc_00191

(北アルプスから陽が登る。右半分が槍、穂高の山々)

大倉山には立派な避難小屋があった。
機会があったら避難してみます。

Dsc_00231

Dsc_00371
(花の道)

大倉山から室堂にかけての花が見ごろであった。

実は、小生、ミヤマキンポウゲが大好きなのである。特に、白馬鑓温泉下部の群落がお気に入りである。

7時過ぎに室堂に到着。30分ほどで頂上に着いたが、風が強く、早々に下山する。

Dsc_00491

(頂上から見た北側の様子)

北側に下って、お花畑のコースをぐるりとまわる。

ここを通るたび思うのだか、白山では登山道からはずれて、高山植物の写真を撮影する登山者がとても多い。

皆、夢中である。感動は大切であるが・・・。

室堂平でパンを食し、以降、サクサクと下って、11時に下山。(飛ばしすぎである。反省)


湖畔の露天風呂で汗を流して。良い山の余韻に浸った。


追記:
・飛騨側の登山道は、加賀側に比べて人が少なく(交通規制も無い)、眺めも良い。また、登山道が良く整備されていて、実に良いルートだと思う。東海・北陸自動車道を使えば、アプローチもそんなに悪くはない。

でも、内心、いつまでも静かな場所であってほしいと願っている。

何事も、そこそこが良いと感じる。日常の平凡に感謝する感性を磨くことが大切だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爺ヶ岳:良き登山道

2011年7月16日

爺ヶ岳

当初はテント2泊のつもりで、縦走プランを立てていたが、事情があって、急遽、登山口で予定を変更し、荷物を減らして日帰りすることになった。同行者には迷惑をかけた。

日の出とともに出発。柏原新道は、とても良く整備された登山道で、これまでの関係者のご苦労に感謝する。

暑さを心配していたが、早朝は日陰となり、あまり汗をかくことなく、高度を稼いでゆく。

Dsc_0479_1

(本当なら明日訪れるはずであった針ノ木岳、蓮華岳)

種池山荘には7:20頃、到着。良いテント場ですね。
爺ヶ岳へと向かう。
良い天気、眺めがすばらしい。剣岳、立山の残雪の状況を観察。
写真撮影やら、のんびり眺めたりで、先に進めない。

Dsc_04891

(裏剣の状況、小窓や長次郎の雪渓には十分な雪が残る)

爺ヶ岳中峰には8:30頃に到着。
富士山はじめ、遠くの山々まで見渡すことができた。

Dsc_05231

(爺から見た鹿島槍、さすがである)

この先、鹿島槍までピストンする予定であったが、明日以降の余力を残して下山することにする。南峰を経由して、来た道を戻る。

大勢の登山者が登ってくる。柏原新道は日が当たって、すこぶる暑い。早朝、登ることをお勧めする。小屋から1時間半ほどで登山口に到着(少し飛ばしすぎである)。

下山後は、最寄の薬師の湯で汗を流して、帰宅した。

追記:
・山の上に避暑するはずが、小生の不手際で、日帰りとなった。同行者には迷惑をかけた。すまぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

剣岳早月尾根:下山後梅雨明け

剣岳早月尾根

2011年7月9日

午後は雷雨の予想。様々な理由から、早月尾根を登ることにした。往復9時間ほどを見込んでいたが(ムリムリ)、早月小屋からの下りで大ブレーキがかかり、往復12時間(往路6.5時間)を要してしまった。大あまである。

一言でいうなら、力が無いのである。太ももの筋肉が衰えている。

予想通り、午後はプチ雷雨に遭遇。下山後は北陸地域が梅雨明けしたことを知り、明日以降の週間天気予報ががらりと変わっていた。こんなことなら、どこかの山域をのんびり縦走すればよかった。

Dsc_04371

(夏の空である)

Dsc_04431_3

(所により雪が残る。持参したアイゼン・ピッケルを使うほどではなかった。先週は必要だったとのこと)

下山後は「大岩不動の湯」で、良いお湯を頂いた。こじんまりした、小生好みの温泉でござる。おすすめ。

追記:
・脚力の衰えは明らか。この歳で鍛えることは可能か?しばし、鍛練してみます。
・山中で水3L消費した。飲みすぎである。ハイドレーションの弊害でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

白木峰:ニッコウキスゲ見ごろ

2011年7月3日

白木峰

昨日、鍬崎山に入ったとき、ゴンドラ頂上駅に栽植されていたニッコウキスゲが満開であった。年による当りハズレの激しい花であるが、今日は白木峰のキスゲを見に行くことにした。のんびり寝坊し、登山口を出発したのは11:30であった。尾根に沿って急な登山道を登ってゆく。30分ほどで頂上。ニッコウキスゲが見ごろを迎えていた。

Dsc_03521_2

(頂上付近のニッコウキスゲ、次はギボウシという状況)

びっくりするほどの群落ではないが、富山県内では一番の群落だろうか。尾根道は、心地よい風が吹いていた。


足を延ばして、浮島のある池塘へと向かう。

Dsc_03681

(コバイケイソウは盛期を過ぎていた)

Dsc_03711

(浮島、ワタスゲは盛期)

浮島周辺の木道は、多くの登山者がベンチとして利用。周遊は不可。引き返すことにする。途中、昼食をいただいて避難小屋を経由し、下山した。小屋はソーラーシステムにより、トイレが電化されているようであった。小屋内部は、雑巾で掃除しないとくつろげない。

帰りは林道をてくてく歩いて、登山口に13:25着。

大長谷温泉でとても良いお湯を頂いて、里に下りた。

追記:
・読み返すと、少々、辛口の文章でした。ごめんなさい。
良い山でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍬崎山:相対湿度○○%

鍬崎山

2011年7月2日

春からの仕事の疲れが雪だるま状態ではあるが、今の時点で足腰を鍛えておかないと、これからの山歩きに支障をきたす。
とはいえお疲れなので、日帰りで楽しめるそこそこの山に入ることにした。当初、旧大山町の鉢伏山を選んだ。ところが、登山口のある林道小口川線は、未だ閉鎖中との看板が・・・。
この時点で時間は9:30、最寄りの手頃な山をと選んだのが、鍬崎山である。

ゴンドラリフトは靄の中に消えてゆく。上部の好天は望めない。
ゴンドラ頂上駅を出発したのが10:00、瀬戸倉山、大品山と縦走。ブナの森、靄の中、幻想的な雰囲気である。

Dsc_03241

(ブナの林)

Dsc_03271

(立山杉の巨木も幽玄)

Dsc_03321

(ブナは湿った感じが良い)

さすが梅雨真っ盛りである。随所、泥の道である。1時間ほどで、大品山。

この先、笹やぶでズボンを濡らしながら、鍬崎へと向かう。視界がきかず、偽ピークに何度も騙さらながら、13:20鍬崎山頂上に到達。今日最後の登山者だったようである。
少し休んで、下山開始。鍬崎の尾根は、アップダウンがあって、思ったほど早くは下れない。いつものように、瀬戸倉のベンチで休憩、ゴンドラ頂上駅では泥まみれの登山靴、ズボンをゴシゴシ洗って、16:00丁度にゴンドラに搭乗した。

追記:
・さすが梅雨、靄の中、相対湿度はほぼ100%と推定。雨には降られなかったが、濡れた衣服は乾かず。下山時は頂上で着替えたシャツもびしょ濡れであった。ただし、山の幻想的な雰囲気を存分に味わうことができ、至極満足である。
・今回、足回りは、montrailのマウンテンマゾヒストミッドGTXを投入した。トレランシューズベースのゴア・ミドルカットの製品であるが、ぬかるんだ山道のグリップは申し分ない。実に、良い買い物をしました(ファーマー佐藤さんありがとさん)。詳細な評価はいずれまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »