« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の2件の記事

2011年5月16日 (月)

大乗悟山・笹津山:娘とお弁当を食べに

2011年5月15日
大乗悟山・笹津山

午前中に仕事を済ませて、娘と眺めの良い所でお弁当を食べることにした。
行ったことがないが、笹津山あたりに手頃感を感じ、車を走らせた。天湖森側から入り、こんなところにレジャースポットがあったことに驚きながら、先にすすんでゆく。大乗悟山という指示板に導かれて山に入ってゆく。実は聞いたことのない山名である。林道沿いの登山口に駐車し、デイパックに昼食を詰め込んで歩き始めた。
随所にスミレが咲きみだれ、新緑は本物の「黄緑」であった。

Dsc_01391

Dsc_01531

(スミレと新緑)

大乗悟山頂上まで、どの程度かかるのか知らなかったが、15分ほどで頂上広場に到達。対岸に小佐波御前山、その向こう、遠くに薬師岳が鎮座する。
食事を済ませて、来た道を戻る。車まで10分。

落石がそこらじゅうに転がる林道をさらに進む。笹津山の分岐に車を停めて、笹津山頂上を目指して林道を歩く。大きな反射板が2か所。本当の頂上には藪をこがねば到達できないようであった。

須原の集落に向けて、林道を下ってゆく。人里近くになると、沿道にはシャガが咲き乱れていた。

Dsc_01661

(シャガの花)

山に登ったとは言わない一日であったが、娘と里山で良い日を楽しんだ。

帰り道、某喫茶店で「ストロベリージュースフロート」なるものを食したが。生いちごを使った美味い代物であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

アカンダナ山:溶岩ドームに這い上がる

2011年5月5日

アカンダナ山

日帰りで雪を楽しめる山を選んだ。むしろ、この山域は雪がないと入り込めない場所が多い。
信州・中ノ湯側の安房峠は11番カーブまで除雪されており、その手前の焼岳登山口まで車を入れた。山には登山口あたりまで雪が残っており、なんとか藪をこぐ必要は無さそうだ。

5:40頃、同行者とともに出発した。他にも何名か登山者がいたが、皆、焼岳に向かうようである。しばらく登山口を進んで行くと左手に細い谷筋がある。そこに入り込んでゆくと、ほどなく焼岳・白谷山・アカンダナ山(焼岳火山群)に囲まれた静かな平原(正式な名称は知らない)にたどり着く。以前から訪れたいと願っていた場所である。

Dsc_00661

(正面に白谷山、平原を行く)

平原を左手に進んで、アカンダナ山西の太尾根に取りつく。この時間、雪は程よい固さで、ずんずん高度を稼いでゆく。

Dsc_00851
(広い尾根、南には十石山、いつか行こうぞ)

気持ちの良い樹林帯の中、東峰の南側を巻いてゆく。
アカンダナ本峰が見える県境付近から一旦下り、南側から本峰に取りついた。
10:00少し前に頂上に到達。思ったより時間がかかった。

Dsc_00981

(頂上から見た、焼岳、穂高、明神)

少しだけ休んで下山することにする。雪が腐ってきている。早く下りてしまうのが安全である。来た道を忠実にトレースして、12:00頃、平原まで戻った。予想通り、グズグズの腐った雪であった。判断は正しい。
午前中に、安全地帯に戻る目標は達成した。

Dsc_01251
(安全地帯でゆっくり昼食)

のんびり下って、12:50に下山。
最寄りの中ノ湯温泉で気持ちの良い温泉を頂いて満足満足。たぶん同行者も満足。

Dsc_01311

(帰りに飛騨側からみた左:白谷山と右:アカンダナ山)

飛騨側から見たアカンダナ山に雪はほぼ無い。信州側とは大きく異なる様相である。

追記:
・誰とも出会うことの無い、実に静かな山であった。好みである。
・火山群の地形は素直ではない。ちょっぴり読図力が必要。
・終始、樹林帯を歩く。トラップが多く、踏み抜きは数えきれない。数度、胸まではまった。
・所々、雪が切れ、笹が顔を出していた。そろそろ、登山の適期は終了でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »