« 圧倒的な存在感を主張していた | トップページ | 今日見た春の花 »

2011年4月 5日 (火)

城ヶ平山・ハゲ山:穴ぽこ好きである

城ヶ平山・ハゲ山
2011年4月3日

当初はカリカリした斜面をと思ってアイゼン・ピッケルを準備していたが、就寝する時間が遅くなり、早起きは不能。疲れもあって、昼からの行動とした。今日は、娘が付き合ってくれるとのこと。それなら、雪上ハイキングと思い、行き先を変更して手軽な山域を選んだ。
登山口をどこにするか決めあぐねていたが、成り行きで浅生の登山口から入ることにした。浅生へは大岩側から入ったが、これで正解、浅生と西種間は除雪されていなかった。

12:00出発、登山口から稜線までは終始雪の上を歩くことになる。
休耕田を通り抜け、谷筋の杉の人工林を登ってゆく。

Dsc_02651

(谷筋の人工林、ほどなく尾根に)

ほどなく、鞍部・尾根上に這い上がる。左に行くと城ヶ平山(茗荷平山)、右に行くとハゲ山である。まずは、城ヶ平山へと向かう。ナラ枯れした木が倒れていたりして、薮っぽい場所もあるが、難なく通過して12:50に頂上に到着。富山平野が一望できる。ただし、剣岳は雲の中。残念。

Dsc_02751

(城ヶ平山の頂上に到達)

Dsc_02951

(この季節、木の根元の穴ぽこが面白い)

昼食をとって、引き返す。ハゲ山まで行かねばなるまい。理由は「ハゲ山」であるから・・・。ここまできたら登らねばならない山名である。幾つかの広葉樹林帯のピークを越えてゆく。

Dsc_03061

(気持ちの良い樹林帯でござる)

Dsc_03191_2

(時折、ご苦労な木があったりする)

なかなか良い場所である。ニセピーク、峠山をこえ、さらに進んで14:20にハゲ山に到着。しばし休んで戻ることにする。

Dsc_03321

(帰り道の峠山)

サクサク下って樹林帯を抜けたあたりで、担いできたワカンを娘に履かせてみる。ご機嫌である。自分で片方のワカンを踏みつけて、何度か転んだが、楽しげである。こちらも楽しい。

Dsc_03481

(杉と穴ぽこ)

Dsc_03731

(里山の雪山歩きも面白いものである)

15:30登山口に到着。
実に楽しい山歩きでった。付き合ってくれた娘に感謝。

この後、大岩の食堂にて「大岩そうめん」を食す。娘は「にゅうめん」を選択。その後、参道を登って、大岩日石寺に参拝し、なにかしら注入。充実。
実に良い一日となりました。

Dsc_03761

(大岩そうめん、かけそうめんであった)

追記:
・終始、つぼ足で楽しめた。次回は、もう少し雪深い季節に、スノーシュー持参で来てみたい。
・大岩山参道で足の短い犬に遭遇。ここのマスコット犬?のようである。同じ犬か定かでないが、雪の城ヶ山頂上で遭遇したとの報告もある。たいした行動力である。

|

« 圧倒的な存在感を主張していた | トップページ | 今日見た春の花 »

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

アナポコ!
当人も、なにげに好きです!
あのヘリを利用した「木に抱きつきながら穴のヘリで高速ターン!」を、たまに実践して痛い目にあっています。
積雪が30cmを切る山を見ると、
本当に春が近づいてきたな!と思います。

投稿: 太田雪舞 | 2011年4月 8日 (金) 21時52分

太田雪舞様
コメントありがとうございます。
春ですねえ~
雪と芽吹・新緑を同時に楽しめる実に良い季節です。
楽しみたいものです。
僕らは良い場所に暮らしています。

投稿: shuntasan | 2011年4月 9日 (土) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/51303099

この記事へのトラックバック一覧です: 城ヶ平山・ハゲ山:穴ぽこ好きである:

« 圧倒的な存在感を主張していた | トップページ | 今日見た春の花 »