« 国見岳・天狗山:夏には入れないのでこの際、雪稜歩き | トップページ | アカンダナ山:溶岩ドームに這い上がる »

2011年4月30日 (土)

浄土山:想定外の荒天

2011年4月29日
浄土山

しばらく天候不順が続いたので、高所では降雪があったはずである。真っ新な雪に、トレースを刻むべく、今日も立山に入った。今回は、同行した友人が雪山歩き未経験であったため、比較的危険の少ない浄土山を目指すことにした。天気が良ければ、眺めは抜群のはず?であった。

立山駅に、早い時間に着いたものの、バス路線の除雪作業のため運休中。2時間ほど駅構内で待つことになった。このため室堂を歩き始めたのは、10:00頃となった。今日の天気予報は曇り時々晴れ、午後には陽も差して良い景色が堪能できるはずであった。

室堂山を登る。20~30cmほどのラッセルである。最初は数百メートルの視界が確保されていたが・・・。

Dsc_00191

(真っ白な雪面を登ってゆく)

しばらくゆくと、完全なホワイトアウト状態に陥る。ヤバヤバでござる。GPS片手に、浄土山へ取りつく。夏道のやや左手、雪崩の危険が少なそうなルートを選んで登ってゆく。次第に風が強くなってゆく。所々岩が露出している最後の急登を這い上がる。
同行者には、きつかったかなあ(反省)。
風雪厳しく、厳冬期の様相である。ゴーグルが出番となる状況となりました。指先も冷えた。この先、一ノ越まで行くつもりであったが、来た道を引き返すこととした。

室堂まで下っても、やはり視界なし。
この後、「みくりが池温泉」で日帰り温泉を頂いて、ぽかぽかに温まった。硫化水素の危険な香りがする小生好みの温泉らしい温泉で、最高であった。大満足。機会があれば、小屋にも泊まってみたい。

お疲れ様でした。

追記:
・お天気予報はハズレであった。
・反省点、同行者のためにザイルを持参すべきであった。
・今回、アルミの12本爪アイゼンを使ってみました。そのうち、コメントします。

|

« 国見岳・天狗山:夏には入れないのでこの際、雪稜歩き | トップページ | アカンダナ山:溶岩ドームに這い上がる »

」カテゴリの記事

コメント

12本アイゼンを使われた。
ザイルも必要だったと思われる状況。
当人、体験したことがありません。
晴れていれば、何てこと無いでしょうが。
硫化水素の危険な匂いは、自分も好きです!

投稿: 太田雪舞 | 2011年4月30日 (土) 23時04分

太田雪舞様
コメントありがとうございます。
ほんの5-6mほどの区間でしたが、同行者はかなり緊張したようです。
山は安全第一で楽しみたいものです。

投稿: shuntasan | 2011年5月 1日 (日) 05時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/51536991

この記事へのトラックバック一覧です: 浄土山:想定外の荒天:

« 国見岳・天狗山:夏には入れないのでこの際、雪稜歩き | トップページ | アカンダナ山:溶岩ドームに這い上がる »