« 今日見た春の花 | トップページ | 国見岳・天狗山:夏には入れないのでこの際、雪稜歩き »

2011年4月13日 (水)

千石城山:まんさく、剣、かもしか、蛙の卵塊

2011年4月10日

千石城山

前夜、アイゼン・ピッケルをパッキングしていたが、今日も娘が付き合ってくれるとのこと。娘と過ごす時間は最優先であるので、予定を変更して手軽な山を選定した。お天気が良いので、剣岳を眺めに千石城山へ行くことにしたのだ。

10:30頃、剣親自然公園管理棟より少し上の駐車場から歩き始めた。展望台のあるあたりからは終始雪の上を歩いた。とは言え、予想よりも雪は少なく標高600m以下は、所々雪が切れていた。
稜線にむけて、自然林の谷筋を気持ちよく登り上げてゆく。

Dsc_04071

(気持ちの良い場所である。娘もご機嫌である)

稜線に出ると、早月川のむこうに大倉山や北方稜線の山々と対面する。
稜線を北に向かう。ナラ枯れした木々が痛ましい。

Dsc_04201

(ナラ枯れわびし)

頂上には、11:40に到着。剣岳の眺めがすばらしい。他の登山者も満足そうである。

Dsc_04231

(剣岳ほか、今年も行こう)

良い天気、無風、眺めは最高。食事をとったり、寝転んだり・・・のんびりさせていただきました。
せっかく残雪期に来たのだから、下山はフリーのルートを選択する。西(ダム湖側)に向かって、尾根沿いを下ってゆく。本来なら、スキー場跡に下れるはずである。

ずんずん下ってゆくが、雪が所々切れており、自然と雪が豊富な右の谷筋に誘導される。何度か修正を試みたが、斜面の急な方向に誘導されてしまう。雪が薄く、ほしい場所の雪が切れていたりして、娘にとっては、もはや危険と判断し、標高580mあたりから少し登り返して南に進路を大きく変更した。

Dsc_04521

(途中で出会ったケモノ、糞はそこらじゅうに散在)

時に藪をこぎながら、なだらかな斜面を下ってゆくと、展望台のある広場に降り立つ、以降、林道沿いに下って14:20頃に駐車場にたどり着いた。公園内の湿地にあった蛙の卵は分化を始めていた。春である。

追記:
・手軽に楽しめる山である。
・所により雪が切れており、下山時はルート選定に気を使った。残雪期の面白い点ではあるが、娘はスリルを楽しんだようである。なんだか、余計なことを教えてしまったような気がする。まっとうな人生を歩いてほしい。
・まんさく、蛙の卵の写真は割愛しました。

|

« 今日見た春の花 | トップページ | 国見岳・天狗山:夏には入れないのでこの際、雪稜歩き »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/51373922

この記事へのトラックバック一覧です: 千石城山:まんさく、剣、かもしか、蛙の卵塊:

« 今日見た春の花 | トップページ | 国見岳・天狗山:夏には入れないのでこの際、雪稜歩き »