« 前長尾山:実は山名を知りませんでした | トップページ | タカンボウ山:カタカナ山が気になっている »

2011年1月30日 (日)

ゾウゾウ山(敗退):合掌の里は雪に埋もれていた

ゾウゾウ山(敗退)

2011年1月29日(土)

天候は冬型、日本海側ではざんざか雪が降っている。いつもこんな時は晴天率の高い八ヶ岳方面に足を延ばすのだが、今回の諏訪地方の天気予報も良いとは言えない。北陸地域の雪はかなり深いはず・・・。前夜、行き先を決めあぐねたまま就寝した。結局、朝は都合により出遅れてしまい。歩き始めたのは11:00を過ぎていた。

今回選んだゾウゾウ山は、白川郷の里山で、その名の言われに大変興味が持たれるが、今のところ小生はよく知らない。積雪は2.5~3mほど、予想通りの深雪であったが、スノーシューに延長具を取り付けた効果か、膝程度のラッセルで進んでゆくことができた。

12:20頃卒塔婆峠。この先、選んだ急な斜面を這い上がるのに難儀し、時間を大きく費やしてしまった。急な斜面では胸ラッセルとなるが、これはこれで面白い。
ナラ枯れした木々がいつポキリと折れて落ちてくるか?ビクビクしながら進んでゆく。結局、頂上に到達しないまま、14:00に引き返すことにする。もう1時間早く出発していたらと思うと、残念である。ただし、雪がざんざか降り続いている。トレースが少しでも残っているうちに帰ることにする。

Dsc_01791_2

(誰一人として出会うことのない静かな山であった)

急な斜面をあっという間に、下り降りる。雪山で一番楽しい瞬間である。15:20、出発地点に戻る。また、天候の良い時に来たいと思います。

白川郷はライトアップのイベントがあるとのこと、大変な混雑である。温泉「白川郷の湯」の駐車は許されず、汗を流すことを断念した。

この地域に来たら、必ず立ち寄る場所がある。道の駅上平ささら館の「五箇山旬菜工房いわな」である。雪の壁、富山方向へと車を走らせる。

「いわなのにぎり」を食すのである。このために、昼食はおにぎり一つで我慢したのだ。

Dsc_01831

(いわなのにぎり、実にうまい。2折お持ち帰りした)

この店には、20年近く前、先代のころから、時が許せば立ち寄ることにしている。日本海の魚もおいしいが、生のいわなも劣らず美味である。マス科の魚は、事情があって一般には生で食さないが、ここのは問題がない。とにかく美味いのである。

追記:
・今回の敗退の原因は、出発時刻が遅いということである。毎度のことであるが、この季節、前夜着、車中泊という手法を採用しにくいのも理由であろう。
・いわな寿司が美味しかったので、とても良い一日になりました。

|

« 前長尾山:実は山名を知りませんでした | トップページ | タカンボウ山:カタカナ山が気になっている »

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/50726712

この記事へのトラックバック一覧です: ゾウゾウ山(敗退):合掌の里は雪に埋もれていた:

« 前長尾山:実は山名を知りませんでした | トップページ | タカンボウ山:カタカナ山が気になっている »