« 雄山神社(芦峅寺) | トップページ | 鉢伏山(砺波市):さっそくリベンジ »

2011年1月16日 (日)

鉢伏山(砺波市):あれあれ敗退

2011年1月16日

寒波が到来し、日本海側は荒天とのこと、山ではたっぷり雪が降った模様である。山へ雪遊びに出かけようと考えたが、こんな日は除雪作業の邪魔になるので、駐車する場所の選定には注意が必要である。問題が生じないのはスキー場の駐車場であろう。そこで、砺波市にある夢の平スキー場に駐車し、鉢伏山に登って、砺波平野散居村の雪景色でも眺めようと考えた。
ちなみに、鉢伏山と呼ぶ山は全国各地にあり、ウイキペディアには20山ほど紹介されている。このうち3つが富山県にある。

出遅れてしまい、駐車場に車を停め、出発したのは12:00を過ぎていた。ゴア雨合羽に長靴、アルミわかんを装着し、林道へと分け入った。10mほどラッセルして、すぐにやばいことに気が付いた。思いのほか雪が深く、重いのである。潜るのは股下より上~腰あたりである。いわゆる足で泳ぐように進んでゆく。ハードル競技である。きつい。股関節の良い運動になった。
今日は、スキーあるいはスノーシューで入るべきであった。

Dsc_0116_0421_3

(来た林道を振り返る)

頑張ってみたが、さっぱり前に進まない。途中、尾根に取り付いて高度を稼ぐ。砺波平野が少し見えたあたりで、当初から決めていた撤退時刻14:30となり、引き返すことにした。

Dsc_0127_0441

(砺波平野が見えてきたが・・・)

Dsc_0123_0431_2

(このあたりの人工林には手が入っている)

1時間ほどで、駐車場に戻る。いずれ、リベンジじゃ。

追記:
・林道のラッセルは誠につまらない。
・今回の敗退の原因は、遅い出発時刻にある。次回は早起きしましょう。

|

« 雄山神社(芦峅寺) | トップページ | 鉢伏山(砺波市):さっそくリベンジ »

」カテゴリの記事

コメント

私等東京付近の人間は「鉢伏山」って言うと、ピンと一番目に来るのが、松本市の南東に位置する、高ボッチ高原近くの海抜1,929mの鉢伏山ですね、地域名で行くと「松本市」と「岡谷市」の境に有る、冬は行った事はないけど、遙か昔、そうだなぁ、40年位前かなぁ、高ボッチまでは林道が入ってたので、楽に行けた、林道終点が結構な標高なので、軽いハイキングって感じかな、最近の事情は全くわかりませんけど、20万分の一「長野」で2万5千分の一「鉢伏山」です。

この山名は多いですね、全国に2-30は有るのでは、砺波平野に有るのは知りませんでした、海抜は510mでも真冬は歩きじゃラッセルが大変でしょうね、スキーで行くべきでしたね、車は「夢の平スキー場」の方から行くのかな、それとも反対側の「471号線の庄川」からかな、距離はこっちの方が近そうだけど、あくまで地図上の話で、この界隈は全く知りません、大昔に金沢には行った事が有るけど、「香林坊」だったかな繁華街。

20万の「高山」2.5万の「山田温泉」で「キルビメーター」を転がして眺めました、手持ちのキルビメーターはもう30年以上も使ってるので、壊れる寸前です(笑)、¥1,500で買えるから、無くならない内にAmazonで買わなくちゃです。

あ、無線従事者免許証来ましたよ、偽造防止用のレインボーホログラムはち~と凝り過ぎの感ですね、昭和38年4月の免許です。

投稿: ゆきずり | 2011年1月22日 (土) 21時31分

ゆきずり様
コメントありがとうございます。
先の土曜日にスノーシューを持ち込んで、リベンジしてきました。前回は、腰ラッセルでしたが、今回は膝ラッセル程度でした。サクサクと頂上に到達しました。
近年は雪が少なく、スキー場も営業休止状態の時が良くありましたが、今年はたっぷりあります。おかげで、そこそこの標高の山で、存分に雪遊びができます。

無線の免許が届いたとのこと、おめでとうございます。小生の免許はいたってシンプルで凝った仕組みはありません。四級程度の免許は偽造するほどの価値が無い?のかもしれませんね。

投稿: Shuntasan | 2011年1月23日 (日) 20時01分

ぇっ! そうなんですか? 3級4級にはホログラムが無いとゆう事なんですか?

そんな仕組みになってるとは知りませんでした。(笑)

投稿: ゆきずり | 2011年1月23日 (日) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/50605908

この記事へのトラックバック一覧です: 鉢伏山(砺波市):あれあれ敗退:

« 雄山神社(芦峅寺) | トップページ | 鉢伏山(砺波市):さっそくリベンジ »