« 尖山→立山カルデラ砂防博物館:パワースポット→社会見学 | トップページ | 雄山神社(芦峅寺) »

2010年12月25日 (土)

小蓮華山:エンディングに涙、山と雲

NHKの「坂の上の雲」は秀逸な番組で、第2部になってからは欠かさず拝見している。
一言でいうと、「とても力のある番組」である。

ご存知の方も多いと思うが、エンディングは小蓮華山の稜線が舞台である。いつも踏みしめる登山道もそのままに、追い求める山の感動が集約されている。上り詰める坂の上にある空・輝き・雲(言葉ではうまく表現できないのが実に歯がゆい)。ひと時も同じではない雲の織り成す風景に、ただただ感動した一年でもあった。

曲は「Stand Alone」、Sarah Brightmanには申し訳ないが、この国の山の情景を歌うには森麻季のほうが適していると思う。歌声がとても心に響いた。
ドラマのエンディングに感動し、涙したのはこれが初めてかもしれない。

雲と言えば、今年の南岳小屋のテント場からみた雲の動きがすばらしかった。

Dsc_13441

(再掲です)

追記:ちなみに、山と雲の情景といえば、ご存じの方も多いと思うけど、mockmoon氏の作品が実に見事です。必見です。
氏のBlog:http://mockmoon.sblo.jp/

動画はこちら:
http://www.youtube.com/watch?v=2lsXjltXhXg&feature=player_embedded
http://www.youtube.com/watch?v=cmRaVoqA5Fk
ほか多数

|

« 尖山→立山カルデラ砂防博物館:パワースポット→社会見学 | トップページ | 雄山神社(芦峅寺) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505224/50396541

この記事へのトラックバック一覧です: 小蓮華山:エンディングに涙、山と雲:

« 尖山→立山カルデラ砂防博物館:パワースポット→社会見学 | トップページ | 雄山神社(芦峅寺) »